« (「責任能力」が無いのに『窃盗』はする:6人殺害のペルー人) | トップページ | (最高裁まで「裁判員裁判の判決はこうだ」と生かし続ける司法府を!) »

(「ソウルはなぜ休戦ラインに近いのか」:トランプの素朴な疑問)

2019年12月07日
(「ソウルはなぜ休戦ラインに近いのか」:トランプの素朴な疑問)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00080006-chosun-kr


・ソウルが1000万人の軍隊で埋まり、戦略都市なら「『北』への橋頭堡」としての意味が有る。しっかしま、単なる首都で繁華・歓楽街である。ゴルフで何度も行ったが、ストラティジックなイメージは欠片も無かった。


・単に「大人数が南都へ引っ越すのが面倒だった」「ケンチャナヨ」のイメージだけで、ズルズルと今日まで在るという感じだった。記事は〔トランプ〕の無理難題を論(あげつら)いたかったようだが、私は寧ろトランプの素朴な直感を支持している。


・YAHOOニュース から、朝鮮日報日本語版 の記事を以下。


・「【〔トランプ大統領〕、就任当初にトンデモ発言.『「ソウルはなぜ休戦ラインに近いのか…市民は引っ越すべき』】朝鮮日報日本語版 12/7(土) 9:10配信」


・「米国の〔ドナルド・トランプ大統領〕が、〈ソウルは北朝鮮との境界からあまりに近く、ソウル市民は引っ越しすべきだ〉と語ったという。米国CNNテレビの安全保障アナリストが明らかにした」


・「CNN国家安全保障アナリストの〔ピーター・バーゲン氏〕は5日(現地時間)、時事週刊誌『タイム』に、出版を控えた自身の新著『トランプと将軍たち:混沌の費用(Trump and His Generals:The Cost of Chaos)』を紹介する記事を寄稿し、このような内容を公開した」


・「寄稿記事によると、トランプ大統領は就任当初の2017年4月中旬、ホワイトハウスの執務室で開かれた北朝鮮関連のブリーフィング中にこの発言を行った。この日のブリーフィングには、北朝鮮の核施設や軍事基地の写真をはじめ韓半島の夜間衛星写真など、普段から視覚資料に関心を示すトランプ大統領の趣向を反映してさまざまな資料が提供された」


・「これらの写真に関心を示していたトランプ大統領は、ソウルが休戦ラインから15マイル(およそ24キロ)しか離れていないことに焦点を合わせ、『ソウルはなぜこうも北朝鮮との境界に近いのか?』と尋ねたのだ」


・「さらにトランプ大統領は『彼ら(ソウル市民)は引っ越すべきだ』と発言を続け、冗談なのか真剣なのか見当がつかない補佐陣に向かって、もう一度『彼らは引っ越すべきだ』と繰り返したという。トランプ大統領はブリーフィングを受ける前、既に北朝鮮の長射程砲などがソウルに及ぼす脅威について理解していた」


・「バーゲン氏は寄稿記事で『ソウルの人口はスウェーデン全体と同じ1000万人』だとしつつ、『1000万人の人口が引っ越すべきだと大統領が真剣に語る状況で、何を言うべきか誰も分からなかった』と、当時の雰囲気を伝えた」


・「続いてバーゲン氏は『支持者には、大統領の『非伝統的思考』と受け止められるだろうが、批判者にとっては、大統領がどれほど無知で衝動的かを示す事例になるだろう』とコメントした」・・・

« (「責任能力」が無いのに『窃盗』はする:6人殺害のペルー人) | トップページ | (最高裁まで「裁判員裁判の判決はこうだ」と生かし続ける司法府を!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「責任能力」が無いのに『窃盗』はする:6人殺害のペルー人) | トップページ | (最高裁まで「裁判員裁判の判決はこうだ」と生かし続ける司法府を!) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト