« (日本の15歳、読解力が15位に急落 国際学習到達度調査) | トップページ | (欧州に残る「親日感情」) »

(子供の本分は勉学:何が“環境活動家”なもんか!)

2019年12月04日
(子供の本分は勉学:何が“環境活動家”なもんか!)


https://www.sankei.com/world/news/191204/wor1912040001-n1.html


・カラオケ屋で会う『立憲民主党贔屓』の〔地主で元お役人さん〕が、「あの女の子、どう思います?」と粉をかけて来た。私は「あぁ、環境屋に利用されているコドモです。大体が、『子供の本分は勉学です。学校サボリを許してはいけません!」とニベも無かった。


・「学業放棄」に知らんプリしているスェーデン政府がおかしいのである。所詮は北欧は遅れた国である。これで『COP25』の目指すところが決まった。アメリカの〔トランプ〕はもう帰らない。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【環境活動家〔グレタさん〕、ヨットで大西洋横断 COP25参加へ】産経ニュース 2019.12.4 00:04」


・「【パリ=三井美奈】スウェーデンの環境活動家〔グレタ・トゥンベリさん〕が3日、2日にスペインで開幕した『国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)』参加のため、隣国ポルトガルのリスボンにヨットで上陸した」


・「グレタさんは環境への配慮から、温暖化ガス排出量の多い飛行機の移動を避けており、先月半ばに米東海岸を出航後、20日間かけて大西洋を渡った。会議会場のマドリードまで電車で移動する」


・「グレタさんは9月、英国からヨットで米ニューヨークに渡り、『気候行動サミット』に参加。その後、COP25の開催予定地だった南米チリに移動する予定だった。同国の反政府デモで会場がマドリードに変更されたのに伴い、支援者を募ってヨットの旅を続けていた」・・・

« (日本の15歳、読解力が15位に急落 国際学習到達度調査) | トップページ | (欧州に残る「親日感情」) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本の15歳、読解力が15位に急落 国際学習到達度調査) | トップページ | (欧州に残る「親日感情」) »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト