« (『韓国対抗策5カ条』:評論家・八幡和郎氏の緊急寄稿) | トップページ | (胸がときめく『人工流れ星 天文ショー』) »

(孫正義は「狼少年」だったのか?)

2019年11月06日
(孫正義は「狼少年」だったのか?)


https://www.sankei.com/economy/news/191106/ecn1911060022-n1.html


・「天網恢恢 疎にして漏らさず」だ。日本に税金を払いたくないばかりに、あの手この手で『海外の子会社』を大赤字にして、法人税を極少に逃れて来た遣り口に、日本の国税もそろそろ堪忍袋の緒を切らし始めたところだ。


・まるで「狼少年」ではないか?ホントかなぁ。お天道様を甘く見ちゃぁいけねぇよ!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【ソフトバンクG、15年ぶり営業赤字 米ウィーで大幅評価損、7~9月期9702億円赤字】産経ニュース 2019.11.6 16:28」


・「ソフトバンクグループ(SBG)が6日発表した、令和元年9月中間連結決算は本業のもうけを示す営業損益が155億円の赤字(前年同期は1兆4207億円の黒字)となった。主力のファンド事業で多額の損失が発生した。中間決算での営業赤字転落は平成16年以来15年ぶりとなる」


・「売上高は前年同期とほぼ同じ4兆6517億円、最終利益は前年同期比49・8%減の4215億円だった。投資会社の色を強める中、投資先の経営悪化が業績を急転させた」


・「共有オフィス『ウィーワーク』を運営する米ウィーカンパニーや配車大手の米ウーバー・テクノロジーズの企業価値が急落しており、ファンド事業は5726億円の営業赤字。直近の業績悪化が著しく、7~9月期で9702億円の営業損失を計上した」


・「〔孫正義会長兼社長〕は、経営難に陥っているウィーカンパニーの再建について、急拡大で経費が増大していたとして、新規ビルの増床を停止したことを明かした」


・「経費削減や不採算事業の整理を実施し、収益改善を目指す。孫氏は『これまで難しい再建を何度も繰り返している。時間が解決してくれる』と強気の姿勢もみせた」・・・

« (『韓国対抗策5カ条』:評論家・八幡和郎氏の緊急寄稿) | トップページ | (胸がときめく『人工流れ星 天文ショー』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『韓国対抗策5カ条』:評論家・八幡和郎氏の緊急寄稿) | トップページ | (胸がときめく『人工流れ星 天文ショー』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト