« ([正論] 台風19号被害は「人災」である) | トップページ | (【愛知県がんセンター】からの、転院手続きご報告) »

(明日13日は、私の『母なる病院』との〔お別れの日〕です)

2019年11月12日
(明日13日は、私の『母なる病院』との〔お別れの日〕です)


・【愛知県がんセンター】に命を救って貰い、2000年から2015年まで『4がん5バトル』を闘わせて戴いた。しっかしま、今回の「4センチの肝細胞がん」との闘いから、私の住処の大阪で闘わせて貰う。『5がん6バトル』目から、戦場が大阪になるのだ。


・計19年間、大阪を住処にしてからでも14年間、【愛知県がんセンター】にはお世話になった。だが明日、若し「肝臓数値が安定して来ました。これなら切れますよ」と主治医に言われても、私は大阪で『経皮的ラジオ波焼灼療法』を選択しようと決心している。


・19年間もがんと闘っている私は、〈「開腹による肝臓切除」が最も確実で延命効果が有る〉ことは知っている。恐らく今回、肝臓の1/3は切除されようが、その回復までの最低3年は、当然〔禁酒〕となる。私は「残り寿命が14年として、その〔禁酒3年〕は取り返しがつかない大損だ」と考える。


・膝痛は酷くなる一方だ。経済的負担も大きい。「大阪の住人が、名古屋の奥地まで『がん闘病』に行く」こと自体も、我が儘な話である。私も「私の2000年からの治療データは、全て名古屋に在る」に拘り過ぎた。心からの感謝の念を主治医に伝え、「私の『母なる病院』」に最敬礼して帰阪しようと思う。


・〔酒〕のこと。10年前になるが、私の初版本:【生還へのフォアボール】に、こう書いている。


〈さすがに、全身の毛穴から煙が出ているような、一日八十本のチェーンスモーキングだけでなく、『たばこ』というものは、これを機会にキッパリやめようと固く決心していたが、私の、人生最良の友であり相棒とも言うべき『酒』は復活して、今後も大いに楽しまなければならない。誠に不遜ながら、私にとってQOLの維持とは、酒を愛することと同義語なのである〉


〈入院時から腫瘍消滅までの長い九ヶ月に及ぶ禁酒生活にようやくピリオドを打って、その日私は会社近くの初めて入る居酒屋で独り、ビール・日本酒・ウイスキー を同時に注文し、緊張して坐っていた。ぶっ倒れる場面を想定し、馴染みの店や同伴者を避けたのである〉


〈しかしそんな心配は全くの杞憂であった! 九ヶ月ぶりのビール・日本酒・ウイスキーは、どれも少し苦い感じはあったが、ビールは喉を潤して走り、日本酒は心を温め、ウイスキーは感性を研ぎ澄ましてくれる・・・ドクター達や下戸(げこ)の方々には、「何という見下げ果てた奴よ!」と呆れ返られるかも知れないが、酒は正に私の人生の伴侶であり、QOLそのものであることを再認識させてくれたのだった〉


〈二十五回にも及ぶ抗がん剤・5FU投与であったが、【愛知県がんセンター】の〔肝動注手法〕のおかげで半年と少々、「天婦羅だけはちょっと勘弁か?」くらいの副作用だけで、髪も眉毛も睫毛も抜けず、元気に抗がん剤治療を終えた私であった〉


〈こうして九十三・四キロまで絞った健康的な体に、私は再びユッタリと酒を浸み込ませて、半年も経たない間に又、元の木阿弥(もとのもくあみ)の〇・一トンに戻って行ったのである。私の第一次がんバトルに続く、第二次がんバトルの戦勝報告である〉・・・


・そんなことで、明日はブログをお休みさせて戴きます。痛い脚で部屋に戻りましたら、「帰阪報告」をさせて戴きます。私の「悪運」が尽きませぬよう、ご声援ください。

« ([正論] 台風19号被害は「人災」である) | トップページ | (【愛知県がんセンター】からの、転院手続きご報告) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ([正論] 台風19号被害は「人災」である) | トップページ | (【愛知県がんセンター】からの、転院手続きご報告) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト