« (最後もお辞儀:NZ、ウエールズを降し3位に:ラグビーW杯) | トップページ | (『文化の日』こそ『明治の日』に) »

(南アフリカ W杯最多3度目世界一!NZに並んだ!)

2019年11月02日
(南アフリカ W杯最多3度目世界一!NZに並んだ!)


https://news.livedoor.com/topics/detail/17325217/


・イングランドは、準決勝でNZ(オールブラックス)を〔19ー7〕で破っての決勝進出だ。南アフリカは、1次リーグでそのNZに〔13―23〕で敗れている。つまり私のような〔にわか〕には、「イングランドが優勝か?」と思えてしまう決勝戦キックオフだった。


・真面目に見させて戴いたぞい!ラグビーの基本であるスクラムで、どう見ても南アの方が押し勝っている。しっかしま前半戦では〔12-6〕、イングランドも充分追い付ける点差で折り返した。


・後半戦に入って、明らかに〔ラグビーの神〕は南アに降臨し給うた。イングランドの怒涛の攻撃を、南アは凌ぎ勝った。あのノートライで、イングランドはガックリ来た印象だった。結果は〔32-12〕の大差で南アが優勝!おめでとう!ラグビーの面白さが凝縮したような決勝戦だった。


・ライブドアトピックス から、スポニチアネックス の記事を以下。


・「【南アフリカ W杯最多3度目世界一!NZに並んだ エディー・イングランドは16年ぶり頂点届かず】スポニチアネックス 2019年11月2日 19時55分」


◇ラグビーW杯決勝 南アフリカ32―12イングランド(2019年11月2日 日産スタジアム)


・「ラグビーワールドカップ(W杯)決勝が2日、日産スタジアムで行われ、南アフリカが〔32―12〕でイングランドを下し、ニュージーランドに並ぶ史上最多3度目の優勝を成し遂げた」


・「2007年大会決勝の再現となったカードで、世界ランキング3位の南アが同1位の強敵を返り討ちにし、12年ぶりに世界一の座に就いた」


・「開始3分でイングランドの〔PRシンクラー〕が味方との接触で頭を打ち、交代を余儀なくされるアクシデント。南アフリカは強力なスクラムで優位に立って序盤から主導権を握ると、前半9分には正面のPGを〔SOポラード〕が決めて先制に成功した」


・「イングランドも確実にPGを決めて2度同点に追いついたが、30分過ぎの相手の波状攻撃を耐えたアフリカが同38分にポラードのPGで再び勝ち越しに成功。前半終了間際にはこの試合4本目のPGで〔12―6〕とリードを広げ、前半を折り返した」


・「南アフリカは後半もポラードのPGで得点を重ねてリードを保つと、同26分にはスクラムから展開して〔CTBアム〕とのパスワークから〔WTBマピンピ〕がトライ。南アフリカは1995年、07年の決勝はノートライで制しており、これが同国にとって決勝初トライとなった」


・「同33分には相手ミスを誘ってボールを奪うと、〔WTBコルビ〕が快足を生かして抜け出しトライ。〔32―12〕とイングランドを突き放した。南アフリカは1次リーグB組の初戦でニュージーランドに〔13―23〕で敗れており、1次リーグで黒星を喫したチームが頂点に立ったのは大会史上初となった」


・〔前日本代表HCの〔エディー・ジョーンズ監督〕率いるイングランドは03年大会以来16年ぶり2度目の優勝ならず。準優勝は3度目で、フランスに並んで最多となった。日本全国の12会場で熱戦が繰り広げられたアジア初開催のW杯は、44日間の日程を終えて閉幕。〈次回大会は23年にフランス〉で開催される」・・・


《〈イングランド・南ア〉南アのコリシ主将が ウェブ・エリス・カップを掲げる(撮影・篠原岳夫)》

Photo_20191102212301

« (最後もお辞儀:NZ、ウエールズを降し3位に:ラグビーW杯) | トップページ | (『文化の日』こそ『明治の日』に) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (最後もお辞儀:NZ、ウエールズを降し3位に:ラグビーW杯) | トップページ | (『文化の日』こそ『明治の日』に) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト