« (『イングランド』が『NZオールブラックス』を破る!ラグビーW杯準決勝1) | トップページ | (消防の水陸両用車両に助けられた子供らの歓声が聞こえて来る!) »

(これはもう、「自然災害」という難敵との『戦争』)

2019年10月26日
(これはもう、「自然災害」という難敵との『戦争』)


https://www.sankei.com/affairs/news/191026/afr1910260013-n1.html


・どの新聞も心配を書かないが、千葉県は「東京の兵站」と呼んでも良い『農産物供給県』だ。東北に続いて千葉の大災害だ。農産物の高騰が喫緊である。こんな折にやった『消費増税』だ。『東京五輪&パラ五輪』も控えている。自民党政治に国民がNO!を突きつけなければ良いが。


・千葉県も気の毒だ。〔台風〕には耐えたが、二の矢の〔豪雨〕で山崩れ。死者もドンドン出ている。この写真を見たら、誰も『山間にマイホーム』など持ちたがらないだろう。住宅産業は裾野が広い。住宅産業の衰退は、日本の衰退にも繋がる。


・山林を放置した〔報い〕が来ているようで、『防災省』の本格立ち上げが迫られている。災害には「地方自治体」ではなく、「国家」が立ち向かうようにと〔神〕が示されているのだ。自衛隊は『国家の安全保障』が仕事だ。10万人規模の『防災省』を立ち上げんかい!


・「困った時の自衛隊」「困った時のボランティア」の時は過ぎた。これはもう、「自然災害」という難敵との『戦争』なのだ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「25日に記録的な大雨に見舞われた千葉県では、同日午後1時すぎに千葉市緑区の2カ所で土砂崩れが発生し、住宅が飲み込まれた。民家の中から40~60代の男女計3人が発見され、いずれも死亡が確認された」


・「大雨から一夜明けた26日、避難先から戻ってきた近隣住民らは、道路を塞ぐように倒壊した家を見て絶句していた」


・「千葉県警などによると、同区誉田町では25日午後1時ごろ、住宅2棟に土砂が流れ込み、1棟の民家に住む40代と60代の女性2人と連絡が取れなくなった。60代の女性は、同日午後5時半ごろ死亡が確認された。40代の女性は陸上自衛隊や消防が夜通し捜索にあたったが、26日午前5時40分ごろ、がれきの中から見つかり死亡が確認された。もう1軒の民家に住む3人は外出中で無事だった」


・「また、同区板倉町では25日午後1時半ごろ、民家に土砂が流れ込み、がれきの中から60代の男性の遺体が見つかった。2棟が土砂にのみ込まれた同区誉田町の現場では、26日朝に避難所から一時戻ってきた介護士の男性(24)が、倒壊した隣家を茫然(ぼうぜん)とした様子で見上げていた」


・「男性は『家にいたら、『ドーン』という鈍い音が5秒くらい響き、地震かと思った。父が『逃げるぞ』と叫んだので外に出ると、土砂が隣の家に流れ込んでいるのを見て腰を抜かした』と当時の恐怖を語った」・・・


《土砂崩れで女性2人が死亡した現場。一夜明け、避難所から戻った近隣住民が崩れた家を茫然と見ていた=26日午前、千葉市緑区誉田町(橘川玲奈撮影)》

Photo_20191026214501

« (『イングランド』が『NZオールブラックス』を破る!ラグビーW杯準決勝1) | トップページ | (消防の水陸両用車両に助けられた子供らの歓声が聞こえて来る!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『イングランド』が『NZオールブラックス』を破る!ラグビーW杯準決勝1) | トップページ | (消防の水陸両用車両に助けられた子供らの歓声が聞こえて来る!) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト