« (ラグビー日本代表:「メンバーへの報酬が異常に少な過ぎる」:橋下徹氏) | トップページ | (天皇陛下、即位を宣明される 『即位礼正殿の儀』) »

(ハイテクの国の世界最古の行事:本日『即位礼正殿の儀』)

2019年10月22日
(ハイテクの国の世界最古の行事:本日『即位礼正殿の儀』)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20191022/0001.html


・低気圧に変った〔台風20号〕が、関東地方に大雨を降らせている。出来ることなら「天の高い日本の秋日和」に恵まれたかった。


・本日は日本の新天皇が、世界に向けて〔即位〕を発信する『即位礼正殿の儀』が執り行われる。天皇・皇后両陛下の「恙無き」をお祈りする。


・産経スペシャル・【[産経抄]10月22日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]10月22日】産経スペシャル 2019.10.22】


・「デパートの買い物客は一斉に安堵(あんど)のため息をついたそうだ。昭和35(1960)年2月23日午後5時、『男子ご安産』のニュースが拡声器から流れた瞬間である。さまざまな感慨が込められていたはずだ。まもなく街はお祝いムード一色となった」


・「▼お名前の〔浩宮徳仁(ひろのみやなるひと)〕の出典は、中国の古典『中庸』である。〔浩〕は広々としていること、〔徳〕は自然の人間性をあらわす。お名前の通り伸びやかに成長された」


・「▼日本という国もまた、奇跡のような高度成長を成し遂げた。現在では『平和国家』として世界で重きをなしている。天皇陛下は本日、その日本の『象徴』として、即位を内外に宣明される。皇居・宮殿で行われる『即位礼正殿の儀』である」


・「▼英語学者の〔故渡部昇一さん〕はかつて、『即位の礼』の儀式について、『日本の古さを世界に知ってもらうよい機会』と小紙に書いていた。確かに、上皇后さまは、前回の即位の礼についてこんな御歌(みうた)を詠まれていた。


〈ながき年目に親しみし御衣(みころも)の黄丹(おうに)の色に御代の朝あけ〉 」


・「▼陛下は皇太子の礼服である黄丹の衣に代わって、『黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)』(解説:ハゼノキの樹皮で染め上げられた御袍:黄褐色)を身にまとわれる。『日本国語大辞典』によれば、天子の御服と定められたのは、820年(解説:平安初期・嵯峨天皇)である。日本の皇室とよく比較される英国の現在の王室は、18世紀以来の歴史を持つにすぎない」


・「▼180を超える国・機関からの参列者は、最先端の技術を誇る国のユニークな一面に感嘆の声を上げるはずだ。


〈外国のあまたまれ人集ひ来て宴の夜を語り過ごしぬ〉


上皇さまの御製(ぎょせい)である。今夜予定されている『饗宴の儀』では、すでに名外交官ぶりを発揮されている〔天皇、皇后両陛下〕は、海外からの賓客たちとどんなことを語り、過ごされるのだろう」・・・

« (ラグビー日本代表:「メンバーへの報酬が異常に少な過ぎる」:橋下徹氏) | トップページ | (天皇陛下、即位を宣明される 『即位礼正殿の儀』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (ラグビー日本代表:「メンバーへの報酬が異常に少な過ぎる」:橋下徹氏) | トップページ | (天皇陛下、即位を宣明される 『即位礼正殿の儀』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト