« (何故「入国禁止」にしないのか?:『南』豚コレラ風議長) | トップページ | (アメリカは『友人』を見捨てるのか?:クルド人) »

(日本、ベストメンバーで大一番へ・ラグビーW杯スコットランド戦)

2019年10月12日
(日本、ベストメンバーで大一番へ・ラグビーW杯スコットランド戦)


https://www.sankei.com/sports/news/191011/spo1910110030-n1.html


・「台風の影響で、『スコットランド戦』が中止になれば『引き分け扱い』になり、日本はA組首位でベスト8へ進める」・・・誰かが言ったのが漏れたのだろう、〔ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)〕が火の様に怒り、「必ず試合で決着を付ける!」と別記事では吼えていた。


・当然その怒りは『日本代表』にも浸透し、全員が「必ず試合で決着を付ける!」と、もう決戦モードのようだと言う。闘志の空回りはイカンよ。低く重く、しかしボールを持ったら走れ走れ!悔いの無い試合をして貰いたいものだ。


・納得のA組1位通過なら、4年前のW杯で奇跡の勝利を収めた『南アフリカ戦』になる。しっかしま、2位通過なら、奇跡も起こしようが無い〔悪魔〕の『ニュージーランド(オールブラックス)戦』になってしまう。今回は『南アフリカ』を再び倒すところまでで、上首尾では無いのか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【『ラグビーW杯』ジョセフHC、理想のメンバーで大一番へ リーチ完全復活】産経ニュース 
2019.10.11 19:35」


・「決勝トーナメント進出を懸けたスコットランド戦。これまで故障者などで選手のやりくりに苦心してきた〔ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)〕だが、『もっとも重要で意味のある試合』と位置づけた1次リーグ最終戦は思い描いたベストメンバーを送り出せそうだ」


・「ここ2試合、〔ラブスカフニ〕が務めていた『ゲームキャプテン』には〔リーチ主将〕が“復帰”。アイルランド戦では控えに回した大黒柱を『多大な負担がのしかかり、パフォーマンスが上がらなかった』と指摘した指揮官だが、『今は本調子。彼がリーダーとしてふさわしい』と復調に太鼓判」


・「リーチ本人も『パフォーマンスが上がってきた。鬼にならないといけない』。満を持して臨む一戦に気合をみなぎらせた」


・「WTBは途中出場で2トライの〔福岡〕が初先発。『彼のような選手はフェラーリのように扱わないと。絶好調でないと使えない』とジョセフHC。高級スポーツカーに置き換え、9月の南アフリカ戦の負傷からの完全復活に期待をかけた」


・「一方で〔姫野〕が存在感を高めるナンバー8は、けがから復帰途上の〔マフィ〕を2戦続けて控えからも外した。『3カ月前なら使っていた。チーム全体が成長したということ』と指揮官。コンディション重視で選べるほど厚みを増した選手層を武器に、集大成の大一番に挑む。(奥村信哉)」・・・

« (何故「入国禁止」にしないのか?:『南』豚コレラ風議長) | トップページ | (アメリカは『友人』を見捨てるのか?:クルド人) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (何故「入国禁止」にしないのか?:『南』豚コレラ風議長) | トップページ | (アメリカは『友人』を見捨てるのか?:クルド人) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト