« (佐々木朗希が『行くべき球団』と『行ってはならない球団』) | トップページ | (文在寅は『即位の礼』に誰を派遣するのか?) »

(あの〔海坊主氏〕がGSOMIAを語る)

2019年10月04日
(あの〔海坊主氏〕がGSOMIAを語る)


https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20191004-00145222/


・今、『ラグビーW杯』で、屈強な「雲衝くような大男」は見慣れて来たが、〔アーミテージ米国務副長官(当時)〕を見た時は驚いた。若い頃『ラガーマン』だったのか、丸で『海坊主』だった。未だテロリストの首魁:〔ウサマ・ビン・ラディン〕が存命で、パキスタンの山岳地帯に潜んでいるという噂に信憑性が有った。


・アーミテージ米国務副長官(当時)が、パキスタンの〔ムシャラフ大統領〕に、


〈対テロ戦争に協力しなければパキスタンを空爆する〉

〈パキスタンは空爆で、石器時代に戻るだろう〉


と脅したと言うのだ。


・嘘かホントかアーミテージ氏の容貌魁偉が相俟って、当時は「米軍の空爆で、石器時代に戻る」の言葉が流行したものだ。ただラッキーなことに、氏は名うての「親日家」であり「知日派」、『在日』の高英起(コ・ヨンギ)氏のインタビューに「どう答えたか」の記事である。


・「【『韓国のやり方は日米に対してフェアじゃない』米元高官が直言】YAHOOツイート 高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) 10/4(金) 6:02」


・「日韓の『軍事情報包括保護協定(GSOMIA)』は、日本にとってより必要なのか、あるいは韓国にとってより重要なものなのか――この点を巡り、双方の主張がメディアで入り乱れている」

・「北朝鮮が2日に潜水艦発射弾道ミサイルの試射を行った後、〈韓国はまだ有効なGSOMIAに基づき、日本に対して情報提供を要請〉した。日本はこれに応じる方針だというが、日本から韓国への情報提供の要請は行われていない。これについて読売新聞3日付は『早期警戒衛星を持つ米軍からの情報が入るため、韓国側の情報は特段、必要ではない』とする防衛省幹部のコメントを伝えている」

・「一方、共同通信によると、先月28日までにソウルで海外メディアと会見した韓国政府高官は、『日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)は、北朝鮮のミサイル発射探知のため韓国以上に日本が必要としていると強調した』という」


・「どちらの主張が正しいかは、そのときの状況によって変わってくるものなのではないか。それよりも重要なのは、北朝鮮の脅威にどのように対処すべきかという観点と立場の問題であるような気がする」


・「長年、米国の外交と国防政策を担ってきた〔リチャード・アーミテージ元米国務副長官〕はこの点について、米政府系の『ボイス・オブ・アメリカ(VOA)韓国語版』のインタビューで次のように語っている。


〈韓国が歴史問題や日本の政策に不満があるからと言って、それを理由にGSOMIAを(駆け引き道具に)使うのは同盟である米国に対してフェアではないし、韓国自身や日本に対してもフェアではない〉

・「つまり、危機に対処するのに同盟を軸として考えているかどうか、ということだろう。日本も韓国も、米国とだけ組んでいれば十分と考えているのだろうが、米国は違うということだ。だからこそ、GSOMIAを破棄するとした韓国の決定について、米国は日本よりも怒っているわけだ」(参考記事:「韓国外交はひどい」「黙っていられない」米国から批判続く)


・「もちろん、北朝鮮だけでなく『中国』や『ロシア』を向こうに回す〈米国の世界戦略〉に唯々諾々と従うのは必ずしも得策ではない。しかし、北朝鮮が核戦力を着々と充実させている今、米国の大量報復能力なしには、日本も韓国も独自に抑止力を維持するには限界がある」

・「それを知ってか知らずか、GSOMIAを破棄しようとする韓国の姿勢は、やはり韓国の国益にとっても得策ではないだろう」・・・


■高英起 (デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)

北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)『金正恩核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)『北朝鮮ポップスの世界』(共著)(花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。


《リチャード・アーミテージ氏(写真:ロイター/アフロ)》

Photo_20191004121501

« (佐々木朗希が『行くべき球団』と『行ってはならない球団』) | トップページ | (文在寅は『即位の礼』に誰を派遣するのか?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (佐々木朗希が『行くべき球団』と『行ってはならない球団』) | トップページ | (文在寅は『即位の礼』に誰を派遣するのか?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト