« (国の安全保障とは、足許にも有る) | トップページ | (日本人気はいずれ復活 消費者いじめの不買運動) »

(民主党政権時代のパフォーマンス)

2019年10月19日
(民主党政権時代のパフォーマンス)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20191019/0001.html


・昨日は〔福山哲郎・立憲民主党幹事長〕の『八ッ場(やんば)ダム』に関わる言い訳が、大々的にネットを騒がしていたが、「馬鹿に付ける薬ナシ」で無視しておいた。ただタイミング良く今日の[産経
抄]が纏めてくれているので、それをご紹介しよう。


・産経スペシャル・【[産経抄]10月19日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]10月19日】産経スペシャル 2019.10.19」


・「至極もっともな話でも、この人が口に出すと抵抗を覚える。『益々(ますます)災害は大型化してきます。老朽化した橋梁(きょうりょう)、道路、河川の堤防などの総点検を東京五輪などより最優先すべきです』。甚大な被害をもたらした台風19号を受け、〔鳩山由紀夫元首相〕が15日に自身のツイッターに記した言葉である」


・「▼平成21年9月発足の〔民主党・鳩山内閣〕は聞こえの良い『コンクリートから人へ』をキャッチフレーズにした。〈ダム建設など公共事業は政官業の癒着の温床だ〉と強調し、事業仕分けなどで予算をカットしたが、そこは気にならないらしい」
 

・「▼ダム批判の象徴が、群馬県長野原町の『八ツ場(やんば)ダム』だった。日本三大暴れ川の一つ、利根川流域の1都5県の利水と治水のため計画が進められていたが、民主党政権が一時凍結した。政権交代後に着工され、〈今月1日にようやく安全性確認のための試験湛水(たんすい)〉を始めたばかりだった」


・「▼ぎりぎり間に合って大氾濫を防げたというのが、多くの国民の感想ではないか。にもかかわらず、鳩山氏は18日のツイッターで強弁した。『ダム推進派は八ッ場ダムのお蔭(かげ)で利根川を守ったと強調しているようだ。でもそれは事実ではない』」


・「▼かと思うと、民主党政権2代目の首相、立憲民主党の〔菅直人最高顧問〕は、台風19号の関東直撃後の13日昼のツイッターに書き込んでいた。『改めて『備えあれば患(うれ)いなし』という言葉をかみしめています』。はて菅内閣は台風被害を防ぐため、どんな備えをしていたっけ」


・「▼立憲民主党会派の〔岡田克也元副総理〕も17日、記者団に語った。『(八ツ場ダムの)1つの事例を捉えて、大規模ダムの建設を正当化するのは当たらない』。旧民主党政権幹部の辞書に、『反省』の文字は見当たらない」・・・

« (国の安全保障とは、足許にも有る) | トップページ | (日本人気はいずれ復活 消費者いじめの不買運動) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (国の安全保障とは、足許にも有る) | トップページ | (日本人気はいずれ復活 消費者いじめの不買運動) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト