« (関電のパンドラの箱から希望は見えるか) | トップページ | (共産党が天皇陛下ご即位の儀式に欠席表明) »

(旭化成名誉フェロー・吉野彰氏(71歳)に『ノーベル化学賞』)

2019年10月09日
(旭化成名誉フェロー・吉野彰氏(71歳)に『ノーベル化学賞』)


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6338977


・私の〔広島の先輩=80歳〕は、①急性骨髄性白血病10年バトルで「寛解」を勝ち取られ、今また②前立腺がん4年バトルを闘っておられる。胸が厚く声も大きく頭の回転も早いので、「病人」とも思えないが、電話は長い!


・毎回100%だった電池が、55%位まで消耗する。ちょっと前だったら、間違いなく「電池切れ」だったろう。ガラケーの私でもそうだ。今時のスマホ使用者は、「電池のこと」など考えない様子でスマホに熱中している。陰にこういう〈高性能のリチウムイオン電池〉開発者が居たのだ!


・「ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏(71歳) 京大工学部出身」だそうな。おめでとうございます。そして有難うございます!


・YAHOOニュース から、京都新聞 の記事を以下。


・「【ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏 京大工学部出身】京都新聞 10/9(水) 18:48配信」


・「スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年『ノーベル化学賞』を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの〔吉野彰氏〕(71)ら3人に贈る、と発表した」


・「吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、〈高性能のリチウムイオン電池〉を開発した。携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となるとともに自動車や住宅にも利用が広がり、エネルギーの効率利用による環境負荷の低減が期待されている」


・「日本のノーベル賞受賞は27人目。〈化学賞は2010年の鈴木章氏らに次いで8人目〉。出身や大学の在籍など京都にゆかりのある受賞者は15人になった。授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に計賞金900万クローナ(約1億円)が贈られる」


・「充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。しかし充放電を繰り返すと性能が低下し、熱暴走という安全性の課題もあり、実用化は難しかった」


・「吉野氏はノーベル化学賞を受賞した〔白川英樹氏〕が発見した『導電性高分子のポリアセチレン』に着目、2次電池に用いる研究を1981年から始めた。コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を83年に試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池を85年に完成させた」


・「リチウムイオン電池の登場によって、これまで1・5ボルトが限界だった起電力を4ボルト以上まで上げることができ、小型軽量化も実現。91年には量産化され、95年の『ウィンドウズ95』の登場とともに情報通信機器の電源として一気に普及した」


・「電解質にポリマーを用いるリチウムイオンポリマー電池など改良が進み、『電気自動車』や『住宅用蓄電池システム』への利用も進んでいる」・・・


《旭化成名誉フェロー・吉野彰氏》

Photo_20191009195201

« (関電のパンドラの箱から希望は見えるか) | トップページ | (共産党が天皇陛下ご即位の儀式に欠席表明) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (関電のパンドラの箱から希望は見えるか) | トップページ | (共産党が天皇陛下ご即位の儀式に欠席表明) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト