« (ライバルチームも応援:日本観客の「ノーサイド精神」) | トップページ | (「この上なく悪質」なら、何で『死刑』を求刑しないのか?) »

(『ナミビア選手』らのノーサイド精神)

2019年10月07日
(『ナミビア選手』らのノーサイド精神)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00087251-theanswer-spo


・前回は「股覗き後ろパス」、今回は「背面パス」など、全員が一体化して動いている印象の『ニュージーランド(オールブラックス)』だが、71-9と歴史的大敗をした相手チームの『ナミビア』も、試合終了後『ノーサイド』の精神を、日本のフアンに浸透させてくれた。いい記事だ。


・YAHOOニュース から、THE ANSWER の記事を以下。


・「【[ラグビーW杯]「71-9」大差でもNZと“合同お辞儀” ナミビア選手『日本の文化に尊敬を抱いた』】THE ANSWER 10/7(月) 14:03配信」


☆試合後は両軍が一緒にお辞儀、大会SNSでも反響を呼ぶ

・「ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、B組で世界ランク1位『ニュージーランド』が同23位『ナミビア』に今大会最多の11トライを奪い、71-9で開幕3連勝。オールブラックスが強さを見せつけたが、試合後に印象的なシーンがあった」


・「オールブラックスが今大会最多となる11トライを奪い、こちらも今大会最多となる71得点。前半は一時1点差に迫る接戦を演じたナミビアを後半は無慈悲なほどに圧倒し、強さを見せつけた」


・「しかし、試合後に繰り広げられたのは温かい光景だった。互いに笑顔で握手を交わし、健闘を称え合う。そして、両チームの選手がごちゃ混ぜになり、客席に対し、お辞儀を見せたのだ」


・「ナミビア選手が一歩前に出て音頭を取り、一緒に頭を下げた。四方の客席それぞれに近づき、繰り返す。そんなシーンは大会公式ツイッターでも動画付きで公開され、反響を呼んだ」


・「試合後、ナミビアの〔NO8フェンター〕は『大会が進むごとに日本の文化に対しての尊敬を抱いた』とお辞儀の理由を明かし、『互いはもちろん、試合に対するリスペクトを示したかった』と語った」・・・


《ナミビアの位置:以前は南アフリカに併合されていた》

Photo_20191007155401

« (ライバルチームも応援:日本観客の「ノーサイド精神」) | トップページ | (「この上なく悪質」なら、何で『死刑』を求刑しないのか?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (ライバルチームも応援:日本観客の「ノーサイド精神」) | トップページ | (「この上なく悪質」なら、何で『死刑』を求刑しないのか?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト