« (『米軍の斬首作戦』) | トップページ | (【愛知県がんセンター中央病院】検査入院) »

(明28日・29日・30日と【愛知県がんセンター】です)

2019年10月27日
(明28日・29日・30日と【愛知県がんセンター】です)


・正直、未だ納得が行かない気分である。それは「何故腫瘍マーカ:CEAとCA19-9は静穏だったのか?」の疑問。初版本:【生還へのフォアボール】なんざ、「殆どがCEAの動向グラフ」で書いていた。いきなり「PIVKAー2の上限が40のところ、97もあります!」と言われてもねぇ。


・おそらく明28日午後から、主治医の『IVR放射線診断部』の〔山浦秀和ドクター〕との面談だが、冗談で「開腹切除するなら、【愛知医科大学】へ行かれた〔佐野力ドクター〕でも臨時客員で呼べないのか?」とでも言える仲なのだ。ザックバランに訊いてみよう。


・大阪では、肝臓がんの対処は『経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)』が一般的だ。〔東大〕が発明した遣り方で、大阪は〔近大〕が使用権でも買ったのか、普通に普及している。傷口も2~3mm程度だ。しっかしま、我が【愛知県がんセンター】は、未だに採用していない。①開腹切除か、②放射線か、③抗がん剤か である。遅れているのか「問題が有るのか?」は知らない。


・〔腹腔鏡下外科手術〕も聞かない。そのくせ〔初期胃がん内視鏡的剥離手術〕には熱心だ。『白い巨塔』(病院の世界)は、解らないことだらけだ。私が【愛知県がんセンター】を〔母なる病院〕と19年間通っている以上、『その病院の掟』には従わなくてはならない。


・2010年に膝を痛めてから9年、自転車だけだし加齢も重なって体力はメッキリ落ちている。開腹切除手術には耐えられないだろう。ならば ②放射線リニアックと、③抗がん剤 しか選択肢は無い。11/05~11/15が放射線第1クール。1週間置いて、11/25~12/06が第2クールか?


・放射線は何回やるのかは知らないが、これで4センチのがんが2センチにまで小さくなれば、抗がん剤にチェンジか? ならばまた1週間置いて12/16~12/27が『抗がん剤オエオエ入院』になるのか?縁起でも無い話、出来れば年内に「方を付けたい」ものだ。


・10/30(水)、帰阪して部屋に戻り次第、ご報告します。

« (『米軍の斬首作戦』) | トップページ | (【愛知県がんセンター中央病院】検査入院) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『米軍の斬首作戦』) | トップページ | (【愛知県がんセンター中央病院】検査入院) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト