« (神戸・東須磨小 “後輩いじめ”教員4人の素性と呆れた実態) | トップページ | (ラグビーワールドカップ 台風であさっての2試合中止) »

(チャイナのことより日本が大変だ!)

2019年10月10日
(チャイナのことより日本が大変だ!)


https://www.sankei.com/column/news/191010/clm1910100006-n1.html


・ま、〔石平さん〕よ、どこの国にも不心得者が居て、『建国70年のパレード』をからかっただけの話。〔7日間の行政拘留の処分〕は、最初から覚悟していたと思うよ。拷問さえ無かったら、別に〔習近平指導部〕が「毛沢東暗黒時代」を再現させる方向に向かっているとは思えない。


・「毛沢東暗黒時代」を知っている〔石平さん〕の気持ちは分るが・・・そんなことより日本のサヨクの跳梁跋扈を批評してよ!結局サヨクの〔津田大介〕と、サヨクの〔実行委の面々〕、そして馬鹿の〔大村秀章・愛知県知事〕が勝ち、『昭和天皇の肖像を燃やして足で踏み付ける』動画が展示されたんだぜ!


・産経ニュース・[石平のChina Watch] から、記事を以下。


・「【[石平のChina Watch]『建国70年』が兆す暗い未来】産経ニュース 2019.10.10 11:30」


・「今月1日、中国の〔習近平政権〕は北京の天安門広場で建国70年を祝う国慶節の式典と軍事パレードを盛大に執り行った。しかし、北京での式典やパレードの華やかさや厳かさとは裏腹に、『香港特別区』では民衆が大規模な抗議デモを巻き起こし、香港警察が抗議者の高校生に実弾を撃って重傷を負わせるという衝撃的な事件も起きた」


・「中国は結局、反乱と流血が起きている最中に自国の『70歳の誕生日』をお祝いする羽目になった。それは建国以来、前代未聞の異常事態、中国の厳しい未来を暗示するような不吉な兆候でもあった」


・「実は、中国政府が建国70年のために執り行った一連の記念行事においても、この国の暗い未来を兆すような現象が見られたのである。9月30日、つまり国慶節の前日、〔習近平国家主席〕は共産党最高指導部の面々を率いて天安門広場の『毛沢東記念堂』を参拝した」


・「〔鄧小平〕時代以来、共産党最高指導部の人々が毛沢東の遺体を安置している記念堂を参拝するのは通常、生誕100周年などの節目の記念日に限ったことで、国慶節に合わせて参拝した前例はない。習近平指導部による上述の前例破りの参拝は当然、何らかの特別な政治的な意味が込められているはずだ」


・「つまり、習主席はこの異例の行動をとることによって、〈自分こそが毛沢東の真の継承者であること〉、〈自分の政権が毛沢東流政治路線への回帰を目指していること〉、を内外へ向かって宣言したかったのではないか」


・「実際、ここ数年における習政権の『毛沢東回帰』は明確な政治路線となっている。国有企業の規模・シェアの拡大と民間企業の縮小・後退を意味する『国進民退』の積極的な推進にしても、1980年代以来最も厳しい思想統制・言論弾圧・人権弾圧の断行にしても、AI技術による完璧な国民監視システムの構築にしても、それらの政策すべてから、『毛沢東の亡霊』がよみがえってきていることを見取ることができよう」


・「そして、前述の建国70年で、〈文革の暗黒時代〉を彷彿(ほうふつ)させる事件があった。2日、四川省南充市の『網警(ネット警察)』は、24歳の青年を拘束したことを発表した。〈その罪名は何と、国慶節の軍事パレードを『侮辱』した〉、というのである」


・「青年は先月29日、中国で広く使われているSNSの『微信』で、来るべき国慶節の軍事パレードについて『そんなのを見る価値はどこにあるのか』と言い放ち、パレードに参加する人々に提供される食事のことを『豚の餌』だと嘲笑した」


・「それだけのことで、青年は警察に捕まり、7日間の行政拘留の処分を受けた。政権が行う閲兵式を軽く揶揄(やゆ)しただけで警察の厄介になるとは、民主主義国家に住む人々からすれば荒唐無稽なおとぎ話に聞こえるが、かつての毛沢東時代を体験した私たちには覚えがある」


・「全国民が監視下に置かれ、共産党や政府に対して軽い文句や批判のひとつでも吐いたら直ちに刑務所入りという恐怖政治は、まさに〈毛沢東暗黒政治の最たる特徴〉であった」


・「鄧小平の改革・開放から40年、こうした毛沢東流の暗黒恐怖政治が、習政権統治下の中国で完全に復活してきているのだ。そして今後、恐怖政治はより一層の猛威を振るっていくであろう。結局、中国建国70年の華やかな記念式典の背後から、かつての毛沢東時代の経験者である私が見たのは、この国の暗くて危うい未来である」・・・


◇【プロフィル】石平(せき・へい) 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。


《中国建国70年の記念式典で、人民解放軍を閲兵する習近平国家主席=1日、北京(共同)》

Photo_20191010150101

« (神戸・東須磨小 “後輩いじめ”教員4人の素性と呆れた実態) | トップページ | (ラグビーワールドカップ 台風であさっての2試合中止) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (神戸・東須磨小 “後輩いじめ”教員4人の素性と呆れた実態) | トップページ | (ラグビーワールドカップ 台風であさっての2試合中止) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト