« (韓国がWTO「途上国」優遇を返上…トランプ氏の「不公平」批判受け) | トップページ | (鳩山元首相「共和党棟梁」に就任へ) »

(五輪マラソン札幌変更「決定だ」 IOC幹部が知事に明言)

2019年10月25日
(五輪マラソン札幌変更「決定だ」 IOC幹部が知事に明言)


https://www.sankei.com/tokyo2020/news/191025/tko1910250004-n1.html


・「丑の刻走り」も「寅の刻走り」も無い。やっぱり〔IOC・バッハ会長〕の「札幌」は、『決定事項』だったのだ。これで哀れ、〔小池百合子姐さん〕の『東京都知事再選』は無くなった!と同じだ。市井の老ブロガーの私の主張=「マラソン・競歩は札幌で」が正論だった訳だ。


・小池姐さんも最初から、「マラソン・競歩は札幌で」・・・と言っておれば、無駄なカネとマンパワーを裂くことも無かったのだ。気の毒だが「先見の明が無かった!」小池姐さんは、「今、知事職を放り投げる」方がカッコ良くないか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【五輪マラソン札幌変更『決定だ』 IOC幹部が知事に明言】産経ニュース 2019.10.25 18:06」


・「『国際オリンピック委員会(IOC)』の〔ジョン・コーツ調整委員長〕が25日、東京都庁で〔小池百合子知事〕と会談し、来年開催の東京五輪陸上のマラソンと競歩を札幌に変更する案について『決定だ』と明言した。開催地を札幌に変更しても、両種目の表彰式は東京で実施することを提案した」


・「小池知事は東京開催の維持を目指し、〈30日から始まるIOC調整委で改めて協議を求めていく〉という。ただ、コーツ委員長は会談後、記者団に対し東京に維持する余地について『全くない』と主張。札幌の追加経費は、緊急事態に備え、大会組織委員会などが公表している『(大会の)予備費がある』との見方を示した」


・「小池知事は『一生懸命準備してきて、都民もがっかりしている。納得できる説明がない』と訴えた。会談に先立つ定例記者会見では、仮に札幌開催になった場合は移転に関わる費用を『都が負担する考えはない』と強調した」


・「コーツ委員長は会談に、IOCがなぜ札幌に変更したかを論理的に示す資料を持ち込んだ。資料では、9月末~10月にカタール・ドーハで開かれた陸上の世界選手権のマラソンが酷暑で棄権が相次いだことを明示。〈ドーハと東京の気象条件が非常に似通っている〉ことを示し、『スタート時間を早めても意味がない』と説明している」


・「組織委の予算では、テロや災害など緊急事態に備えて予備費を1千億~3千億円計上している。しかし、どこが負担するかは明確になっておらず、最終的に都や国が負担する可能性がある」・・・

« (韓国がWTO「途上国」優遇を返上…トランプ氏の「不公平」批判受け) | トップページ | (鳩山元首相「共和党棟梁」に就任へ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (韓国がWTO「途上国」優遇を返上…トランプ氏の「不公平」批判受け) | トップページ | (鳩山元首相「共和党棟梁」に就任へ) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト