« (『ナミビア選手』らのノーサイド精神) | トップページ | (長嶋茂雄氏、思い出す.4連続三振) »

(「この上なく悪質」なら、何で『死刑』を求刑しないのか?)

2019年10月07日
(「この上なく悪質」なら、何で『死刑』を求刑しないのか?)


https://www.sankei.com/affairs/news/191007/afr1910070005-n1.html


・たった5歳ながら、必死に生きようとしていた幼女を、この夫婦は「嬲り殺し」にしたのだ。幼女の「絶望感」はいかほどのものだったかを思うと、哀れでならない。


・何度も投稿しているが、これは人間という皮を被った〔雄〕と〔雌〕の話なのだ。雌はシャーシャーと雄の子を産み、雄は我が子だけを溺愛している。連れ子の幼女にとって、どんなに辛い毎日だったろう。


・これは『一罰百戒』で臨まないと、未来永劫起こる話だ。今現在だって、この日本中で「泣いている幼児」が居ることだろう。何故


〈幼児虐待は、夫婦共に懲役15年〉

〈幼児虐待死は、首謀者(大体養父)は死刑・共謀(大体母親)は懲役15年〉


と、秋霜烈日ながら解り易い法律を定めないのか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【父親に懲役18年求刑 検察側『この上なく悪質』 目黒女児虐待死】産経ニュース 2019.10.7 10:51」


・「東京都目黒区で昨年3月、〔船戸結愛(ゆあ)ちゃん〕=当時(5)=を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の〔雄大被告〕(34)の裁判員裁判の論告求刑公判が7日、東京地裁(守下実裁判長)で開かれた」


・「検察側は『被害者をいじめ抜き、要保護状態になっても放置した、この上なく悪質な犯行』として懲役18年を求刑。弁護側は懲役9年が相当と主張し、結審した。判決は15日」


・「検察側は論告で、結愛ちゃんの食事を制限したほか日常的にベランダに立たせたり暴行したりする過酷な虐待を加え、心臓が止まるまで放置したと指摘。結愛ちゃんが痩せすぎていることを認識しながら、自己保身で医療措置を受けさせなかったと非難した」


・「雄大被告は暴力の理由を『しつけがうまくいかず怒りが増した』としているが、検察側は『しつけを完全に逸脱し、欲求が満たされない不満で暴行した。論外で正当化できない』と指弾。結愛ちゃんの遺体には170以上の傷があったが、雄大被告は詳細を語っておらず『極めて不合理で真剣に向き合っていない』と述べた」


・「弁護側は、結愛ちゃんの生存を確保するための医療措置が必要だと雄大被告が認識したのは死亡前日で、虐待は『父親であろうとする気持ちがあったため』と主張。『被告の責任は重いが、不保護の期間や態様が最も重い部類だとはいえない』とし『冷静な判断を』と訴えた」


・「雄大被告は最終意見陳述で、ハンカチで口元を抑えながら涙を流し『本当に、本当に申し訳ありませんでした』と声を絞り出した。(解説:嘘泣き演技に決まっている!)」


・「母親の〔優里被告〕(27)は9月17日、同罪で懲役8年の判決を受け、控訴中。2人は事件後に離婚した」


・「起訴状などによると、雄大被告は昨年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、シャワーで冷水をかけて顔面を複数回、殴るなど暴行。衰弱していたことを認識しながら、虐待の発覚を恐れて医師の診察を受けさせず、3月2日、肺炎による敗血症で死亡させたなどとしている」・・・

« (『ナミビア選手』らのノーサイド精神) | トップページ | (長嶋茂雄氏、思い出す.4連続三振) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『ナミビア選手』らのノーサイド精神) | トップページ | (長嶋茂雄氏、思い出す.4連続三振) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト