« (日本人がまたノーベル賞!「19年で19人」中国でも賛辞=「素直にすごい」) | トップページ | (積極外交継続へ資源(カネとヒト)投入強化を) »

(スポーツ界の相乗効果に期待)

2019年10月11日
(スポーツ界の相乗効果に期待)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20191011/0001.html


・観るのも気の毒で、女子バレーはテレビチャンネルを変え続けたが、確かにラグビーの日本代表:〔リーチ・マイケル主将〕の「世界No.1のセルビアに競り勝った試合には感動した」の言葉に、女子バレーは奮起し、大阪戦は3連勝した。


・競技種目こそ違え、〔必死に戦う者同士のエールの交換〕だったのだろう。「スポーツ界の相乗効果に期待」のタイトルも素直に頷ける。日本頑張れ!


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] スポーツ界の相乗効果に期待】産経スペシャル 2019.10.11」


・「ラグビーのワールドカップ(W杯)で、快進撃を続ける日本代表。〔リーチ・マイケル主将〕が『感動した』と言及したのは、アイルランド戦前日に行われた〈バレーボール女子W杯の『日本-セルビア』〉だった。世界ランキング1位(当時)を逆転で破った日本選手の粘りに刺激を受けたという」


・「▼今度は、リーチ主将の発言を知ったバレーボール女子日本代表が発奮し、〈大阪ラウンドを3連勝〉で締めくくった。活躍した〔芥川愛加選手〕に、所属する『JTマーヴェラス』の激励会で話を聞くと、取り上げてくれたことがチームの励みになったそうだ」


・「▼芥川選手は『相乗効果が生まれたというか。東京五輪もありますし、いろんな競技で互いに盛り上げることができれば』と話していた。台風19号の影響が心配だが、バレーボール女子のVリーグは12日に開幕。13日には、〈ラグビー日本代表の『スコットランド戦』が予定されている。スポーツ界がこぞって高め合い、2020年を迎えたい」・・・

« (日本人がまたノーベル賞!「19年で19人」中国でも賛辞=「素直にすごい」) | トップページ | (積極外交継続へ資源(カネとヒト)投入強化を) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本人がまたノーベル賞!「19年で19人」中国でも賛辞=「素直にすごい」) | トップページ | (積極外交継続へ資源(カネとヒト)投入強化を) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト