« (ロッテ1位・佐々木朗希とヤクルト1位・奥川恭伸、どっちがすごいのか?) | トップページ | (マラソン・競歩を札幌に移す:IOCの決定) »

(何でそこまで『イラン』に遠慮するのか?:自衛隊の中東派遣)

2019年10月20日
(何でそこまで『イラン』に遠慮するのか?:自衛隊の中東派遣)


https://www.sankei.com/column/news/191020/clm1910200002-n1.html


・〔安倍ちゃん〕は、『イラン』と独自の交渉技術を持つと「世界から注目」され、最高指導者と会見中に日本のタンカーが攻撃され、一変して「世界の笑い者」になったのでは無かったか?


・アメリカ主導の『有志連合』には加盟せず、独自に〔海自〕を派遣するという今回の決定は、未だ「イランとの交渉」に未練が有るということか。しっかしま、記事は〈防衛省設置法の『調査・研究』の規定に基づき、海上自衛隊の護衛艦や哨戒機を早ければ年内にも独自派遣する〉ということは、〈武器を用いて日本関係の民間船舶を守れない〉ということだ・・・と素っ破抜いている。


・何を考えているのか、さっぱり分らない。哨戒機の見張りだけで、また「世界中の笑いもの」になろうとしているのか?私はテッキリ、〈海上警備行動の発令〉による海自覇権だとばかり思っていた。臆病風に吹かれる日本はホント、「独自に国も守れない」のではないか?


・産経ニュース・[主張] から、記事を以下。


・「【[主張]自衛隊の中東派遣 『ホルムズ』忌避は疑問だ】産経ニュース 2019.10.20 05:00」


・「〔安倍晋三首相〕が、中東海域での日本関係船舶の航行の安全確保に向け、『自衛隊の派遣』を本格的に検討するよう関係閣僚に指示した。防衛省設置法の『調査・研究』の規定に基づき、海上自衛隊の護衛艦や哨戒機を早ければ年内にも独自派遣する」


■「ホルムズ海峡」の安全確保を目指す米国主導の有志連合構想(海洋安全保障イニシアチブ)には加わらない。


・「政府が、極めて重要な中東海域の海上交通路(シーレーン)の安全確保につながる自衛隊派遣に動き出した点は評価できる。日本の船は日本が守るのが当然だ。ただし〈肝心のホルムズ海峡に近寄らない姿勢をとっていること〉には疑問を感じざるを得ない。実効性ある派遣にしなくてはならない」


・「情報収集体制の強化が派遣の目的で、直ちに日本船舶の護衛を行うことは想定していない。


▽活動海域は、オマーン湾

▽アラビア海北部の公海

▽イエメン沖のバベルマンデブ海峡東方の公海-


で、ホルムズ海峡を外している。〔河野太郎防衛相〕は『現時点ではそういうふうに検討していく』と語った」


・「6月に日本などのタンカー2隻が攻撃されたのはホルムズ海峡に近いオマーン湾だった。同湾を含むから海峡自体は調べない、とするならおかしい。緊張が高まっているホルムズ海峡を日本関係のタンカーは連日、通航している。自衛隊が最も情報収集しなければならない海域はここである」


・「イランへの刺激を恐れるあまり本末転倒になってはいけない。〈ホルムズ海峡やペルシャ湾という重要な海域を外せば、日本の自国関係船舶を守る意思が疑われ〉、派遣される自衛隊も笑われないか」


・「防衛省設置法の『調査・研究』による派遣では〈武器を用いて日本関係の民間船舶を守れない〉。政府は直ちに護衛すべき状況でないとするが、事態が急変すれば海上警備行動の発令などで救えるよう準備してもらいたい。自衛隊の近隣で外国船舶が危機に陥れば見殺しにはできない。対応策を検討しておくべきだ」


・「『有志連合』には本来参加する方がよかった。政府は不参加でも米国とは、緊密に連携するという。ならば、米軍から自衛隊へ十分な情報提供がないということを避けるべく、外務省と防衛省は全力で折衝すべきだ。自衛隊から米軍への情報提供は当然である」・・・

« (ロッテ1位・佐々木朗希とヤクルト1位・奥川恭伸、どっちがすごいのか?) | トップページ | (マラソン・競歩を札幌に移す:IOCの決定) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (ロッテ1位・佐々木朗希とヤクルト1位・奥川恭伸、どっちがすごいのか?) | トップページ | (マラソン・競歩を札幌に移す:IOCの決定) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト