« (昨年4/30のカネヤン・ネタ:「弔辞は兆治に!」) | トップページ | (ラグビー日本代表:「涙が出る」と〔山中伸弥先生〕) »

(国連の現金枯渇:ザマミサラセ!)

2019年10月08日
(国連の現金枯渇:ザマミサラセ!)


https://news.livedoor.com/topics/detail/17201913/


・どうせ「そうなる」と思っていた。第2次世界大戦の『戦勝国』が未だに『常任理事国』として君臨しているのだから、〔米国〕〔英国〕〔仏国〕〔ロシア〕〔チャイナ〕の5カ国で何とかするんだな!
間違っても〔日本〕はじめ『非常任理事国』にお鉢を回すな!


・非常任理事国は選挙制だし、常任理事国は『拒否権』まで持っているし。「非常任理事国にまで負担させるのなら、この際、常任理事国の拒否権は止めにしましょうや!」と日本は言ってやれ!それにしても「ザマミサラセ」だ。「国連改革」の第一歩かも知れん。


・大体〔ロシア〕や〔チャイナ〕が、分担金をチャンと納めているかどうかも、怪しいもんだ!


・ライブドアトピックス から、AFPBB News の記事を以下。


・「【国連の赤字250億円、近く現金払底の恐れ 事務総長が警告】AFPBB News 2019年10月8日 17時54分」


・「【AFP=時事】国連(UN)の〔アントニオ・グテレス事務総長〕は7日、国連は2億3000万ドル(約250億円)の赤字を抱え、今月末にも現金が払底する恐れがあると訴えた」


・「AFPは、グテレス氏が国連事務局の〔職員3万7000人〕に宛てた書簡を入手。その中で同氏は、給与や各手当を確実に支給するためには『追加的な暫定措置』を講じなければならない可能性に言及。ただその措置の具体的な内容には触れていない」


・「グテレス氏は『2019年の通常予算に基づく活動に必要となる総額のうち、加盟諸国は〔70%〕しか納付していない。これにより、国連は9月末に2億3000万ドルの現金不足に陥り、このままでは流動性準備金も今月末までに使い果たす恐れがある』と明かした」


・「その上で同氏はコスト削減のため、会合や会議を延期し、サービスを縮小する、同時に出張は必要最低限に抑え、省エネ対策を実施することを提案した」


・「ある関係者が匿名で述べたところによると、グテレス氏は今年に入り、国連の現金不足の問題に対応するため、加盟諸国に〈分担金の上乗せを要請〉したものの、了承は得られなかったという」


・「国連の2018~19年度の活動予算は、平和維持活動予算を除外すると54億ドル(約5800億円)で、うち22%を米国が負担している。 ※【翻訳編集】AFPBB News」・・・

« (昨年4/30のカネヤン・ネタ:「弔辞は兆治に!」) | トップページ | (ラグビー日本代表:「涙が出る」と〔山中伸弥先生〕) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (昨年4/30のカネヤン・ネタ:「弔辞は兆治に!」) | トップページ | (ラグビー日本代表:「涙が出る」と〔山中伸弥先生〕) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト