« (既に4300億円が「香港からシンガポールに流れた」?) | トップページ | (佐々木朗希が『行くべき球団』と『行ってはならない球団』) »

(調査が今夏だったのは戴けないが『好きなスポーツ選手に時代が見える』)

2019年10月03日
(調査が今夏だったのは戴けないが『好きなスポーツ選手に時代が見える』)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20191003/0001.html


・野っ原での『草野球』なども夢で、空き地での『三角ベースボール』がアタリマエダだったガキの時代、『プロ野球』はスーパードリームで、『相撲』が専らだった。「くの字ズボン」のベルト通しが千切れるので、自然と〈裁縫〉はみんな上手かった。


・だから『野球選手』の他に『お相撲さん』も、我らのスーパースターだった。小学校5年生の頃には、(九九は小学校3年生の暗記科目)歴代横綱名=「初代:明石志賀之助」「2代:綾川五郎次」「3代:丸山権太左衛門」「4代:谷風梶之助」「5代:小野川喜三郎」・・・「43代:吉葉山潤之輔」まで丸暗記したものだ。


・中学2年で同じクラスになった〔冨尾昭博クン〕と親友になったのは、この『歴代横綱名・暗誦』からだった。彼もスラスラと言えて、2人で大笑いしたものだった。[浪速風]の記事は短いので「人気力士」には触れられてないが、〔貴景勝〕や〔御嶽海〕の名も有ったや?も。


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] 好きなスポーツ選手に時代が見える】産経スペシャル 2019.10.3」


・「1位は野球の〔大谷翔平選手〕、2位はフィギュアスケートの〔羽生結弦選手〕といずれも2年連続で、3位はテニスの〔大坂なおみ選手〕だった。大手玩具メーカー、『バンダイ』が調べた小中学生の好きなスポーツ選手である。今年はバスケットボールの〔八村塁選手″が6位に入った」


・「▼世界で活躍する選手の人気が高いのは当然だが、〈興味深いのは競技が多様化している〉ことだ。『サッカー』(久保建英選手ら2人)のほか、10位までに『競泳』(池江璃花子選手)や『陸上』(サニブラウン・ハキーム選手)がランクインした。逆に野球は大谷選手のみで、ちょうど10年前には〈1位のイチロー選手を筆頭に野球が5人と半分を占めた≠〉のとは様変わりしている」


・「▼調査は夏だったから、今なら『ラグビー日本代表』や『ゴルフ』の〔渋野日向子選手〕の名前も入るかもしれない。子供がスター選手に憧れて競技を始め、またそこからスターが生まれる。来年の五輪イヤーにどんな勢力地図になっているかが楽しみだ」・・・

« (既に4300億円が「香港からシンガポールに流れた」?) | トップページ | (佐々木朗希が『行くべき球団』と『行ってはならない球団』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (既に4300億円が「香港からシンガポールに流れた」?) | トップページ | (佐々木朗希が『行くべき球団』と『行ってはならない球団』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト