« (関係改善は韓国次第:〔安倍ちゃん〕) | トップページ | (「〔孫正義〕!観念せい!」と書けばいい) »

(『南』コリアンは馬鹿なのか?「ノーベル賞超える科学賞作る」)

2019年10月24日
(『南』コリアンは馬鹿なのか?「ノーベル賞超える科学賞作る」)


https://news.livedoor.com/topics/detail/17277228/


・「金の額が大きければ、『ノーベル賞』を超える」ものではない。そんなカネが有るのなら、自国(『南』)の基礎教育・勉学に投資したらどうなのか? どうもこの96歳の爺さん、教育財団でも「ひたすら金儲け」して来た感じがする。


・長生きは立派だが、長生きなら「チャイナの『孔子平和賞』が、何の意味も持たなかったこと」を知っていように。『ノーベル賞』という舞台で競い合うことにこそ意味と夢が有るのだ。〔支那人〕も〔コリアン〕も、その『ノーベル賞』が取れないものだから、「ヤケのヤン八」になっているのではないか?


・「折角日本に行き〔安倍〕と会うのなら、俺の『親書』を持って行け」という〔文在寅〕の感覚と、みんなオンナジなのか?馬鹿馬鹿しい!


・ライブドアトピックス から、朝鮮日報 の記事を以下。


・「【毎年賞金75億ウォン、『ノーベル賞超える科学賞作る』】朝鮮日報 2019年10月24日 7時22分」


・「教育財団『冠廷(クァンジョン)李鍾煥(イ・ジョンファン)教育財団』の〔李鍾煥理事長〕(96)が、早ければ2022年から毎年5分野でそれぞれ15億ウォン(約1億4000万円)ずつ、計75億ウォン(約7億円)の賞金を与える仮称『世界冠廷科学賞』を制定することにしたと明らかにした」


・「李鍾煥理事長は22日、本紙とのインタビューで、『一生の最後の作品だという考えで、ノーベル賞を超える賞を作ることにした』と語った」


・「李鍾煥理事長は2002年に私財3000億ウォン(現在のレートで約278億円)を出して本格的な教育財団を設立、世界を驚かせた。『三栄化学グループ』を経営してきた李鍾煥理事長は『天使のようにお金を稼ぐことはできなくても、天使のようにお金を使う』として社会還元を初めて以降、着実に支援金を増やしていき、今では資金だけで1兆ウォン(約927億円)を超えた」


・「李鍾煥理事長は『早ければ2022年から生命科学賞・数理物理学賞・化学賞・応用工学賞・人文社会科学賞の5分野で毎年、各受賞者に15億ウォン前後の賞金を授与する』と語った」


・「賞金額だけを見れば、6分野で各100万ドル(約1億円)、合計600万ドル(約6億円)のノーベル賞よりも規模が大きい」・・・


(解説)私自身を含めて、「まったく『晩節を全うする』のは難しい」と思う。〔幸之助さん〕の松下政経塾でさえ、出身者の今の政治家の誰かが「誇りにしている」と思っているのだろうか?企業経営で金儲けしたのなら、『ノーベル賞』が取れる若い学者らへの「基礎研究基金」を積み上げたほうが、余ほど「お国のため」になると思うが。


・どうせ「日本人には呉れない」賞なのだろうから・・・あ!そうか、有力な候補者が居るぞ!〔鳩山ルーピィ〕だが、彼も『桁外れの大金持ち』だ。カネを溝(ドブ)に捨てるようなものか?

« (関係改善は韓国次第:〔安倍ちゃん〕) | トップページ | (「〔孫正義〕!観念せい!」と書けばいい) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (関係改善は韓国次第:〔安倍ちゃん〕) | トップページ | (「〔孫正義〕!観念せい!」と書けばいい) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト