« (「天皇陛下 万歳と」・・・共産党の気持ちは分るが) | トップページ | (奈良の秋かぁ、懐かしい!) »

(『5がん6バトル』に向けての弱気の蟲)

2019年10月22日
(『5がん6バトル』に向けての弱気の蟲)


・自転車でいつもの『うどん屋の大将』のところへ行き、「朝昼兼用の飯」を食う。テレビは本日のハイライトである『即位礼正殿の儀』のライブをやっている。帰り際に手短に「暫く来られない理由(わけ)」を話す。昨年6月に衝撃死した『私の大阪の妹分』の部屋のドアが正面に見える。


・部屋で死んだ訳ではないのに、未だ『事故物件扱い』で入居者は居ないそうな。「俺を護れよ!」と呟いて、『新幹線のチケット屋』に走る。「そうだ、帰って直ぐ乗れるように自転車の空気を入れておこう」と、縁起担ぎも在って『自転車屋の大将』のところに寄る。


・大将にも「暫く来られない理由」を伝える。道は自然と『私の大阪の姉貴分』が身罷った病院の前を通る。ここでも「俺を護れよ!」と呟く。チケットを買っての帰路、『姉貴分』を送った葬儀会館の前を偶然通る。え?と思いながらもまた「俺を護れ!」と頼んでおく。


・住まいの近所の『ローソン』で、色々買って帰る。天気の良い今晩は「コインランドリーへ行こう」と決めていたが、部屋に戻ったらグッタリしている。「体調が悪い」感じ。そう言えば「体調が」と初めて聞いたのは、私が30年付き合った無二の親友=〔JOEさん〕からだったなぁと思い出す。私が53歳、彼が55歳での「唐突な別れ」だった。


・「そうかぁ、肝臓に直系4センチのがんが有るんだもんなぁ」「肝臓をやられるってのは、こういうグッタリ感で死んで行くんだ」と、『5がん6バトル』に向けての弱気の蟲が疼く。でも何かこのグッタリ感には記憶が有る・・・


・「そうだ、血糖コントロールが効き過ぎた時の感じ!」と思い出して、さっきローソンで買った物を見る。本能的に〔ミルクティ〕と〔果物ゼリー〕と〔バナナ〕を購入していた。それらをパクパク食ったら、グッタリ感は消えた! やっぱり『角砂糖』位は常時携行していなくちゃと反省。


・予定通りコインランドリーで大洗濯し、冷ましてから畳む。10/28・29・30の「どうやって闘うか・検査入院」の着替えを多目に選び、膝が痛いので金曜に『ヤマト便営業所』から【愛知県がんセンター】に送っておく予定。


・今回のバトルは〔肝細胞がん(転移ではなく原発)〕である。だから『4がん5バトル』に『1がん1バトル』が加わる。推敲を重ねていた【心に陽だまり(がん連戦と山頭火)】も、大幅修正となる。但し「生き残れば」の話だが。これが遺作とならないよう、もう完成目前の【昭和を駆け抜けたセールスマン群像】も世に出さなくては!


・因みに現在までの『4がん5バトル』とは以下。


〈何の自慢にもならないが、私は今のところ『4がん5バトルの旅人』である〉


〈『4がん』とは、①ステージⅣ・末期大腸がん、②その複数個(7個だったか12個だったか、当時としては致命的だった)転移による肝臓(転移)がん、③担当医のゴッドハンドで消せた肝臓がんの「肝臓裏面」での1個の再発、④分化型胃がん、⑤未分化型胃がんの発症である〉


〈『5バトル』とは、①の全身麻酔・開腹切除手術、②の「肝動注」手法による、25回(7箇月に及んだ)の抗がん剤通院投与、③の全身麻酔・開腹切除手術(成長した転移がんと近接部位の胆嚢切除)、④と⑤の内視鏡による剥離手術である〉・・・

« (「天皇陛下 万歳と」・・・共産党の気持ちは分るが) | トップページ | (奈良の秋かぁ、懐かしい!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「天皇陛下 万歳と」・・・共産党の気持ちは分るが) | トップページ | (奈良の秋かぁ、懐かしい!) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト