« (コンビニ時短も“くふう”に期待) | トップページ | (〔マイク・ペンス〕を大統領にしたら、4年大統領になってしまうか) »

(クルド人の「次なる一手」は?)

2019年10月25日
(クルド人の「次なる一手」は?)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20191025/0001.html


・クルド人・・・砂と蠍(サソリ)の『祖国なき民』だ。3000万人が〔トルコ〕〔イラン〕〔イラク〕〔シリア〕などにまたがって居住しているそうな。


・ユダヤ人は勇躍アメリカ新大陸に渡り、強力な大財閥を次々に立ち上げて大成功しているが。クルド人は〔イスラーム〕の戒律の強さからか、中東に拘った感じがしている。


・緑したたる山々、清流に恵まれた日本人。第126代・新天皇の即位を寿ぐ我らには、欠片もクルド人の心境は理解出来ない。ただクルド人は生まれ付いての『戦争の民』でもある。米軍の撤収で煮え湯を呑まされた彼らが、このまま従順である筈も無い。「何かが起こる」不気味な予感がする。


・産経スペシャル・【[産経抄] 10月25日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄] 10月25日】産経スペシャル 2019.10.25」


・「『日本の新聞は、極めて深刻な中国の民族問題の基本的知識に関して、あまりにも無神経である』。元東大史料編纂(へんさん)所教授の〔酒井信彦さん〕が、小紙で指摘していた。その例として挙げたのが、『ウイグル族』という表現である」


・「▼クルド人もまた、1980年代ごろの新聞では、クルド族という表現が目立っていた。現在のトルコ、イラン、イラク、シリアなどにまたがって居住し、総人口は〔3000万人〕程度とみられる。中東では、アラブ人、トルコ人、ペルシャ人に次ぐ『第4の勢力』でありながら、『祖国なき民族』と呼ばれてきた」


・「▼国際社会の耳目を集めるようになったのは、91年の『湾岸戦争』からだ。イラク軍は、米軍主導の多国籍軍の前にあっけなく敗北する。好機と見たクルド人勢力は一斉に蜂起したものの、化学兵器の使用さえ躊躇(ちゅうちょ)しないフセイン政権に、制圧されてしまう。周辺諸国に脱出した難民は、100万人を超えた」


・「▼続く『イラク戦争』をへて、現在はイラク北部で、自治政府を維持している。シリアの内戦でも、クルド人勢力は『イスラム国』(IS)の掃討で存在感を示してきた。もっとも、トランプ米政権による突然の方針転換により、窮地に立たされている」


・「▼これまで共闘してきた米軍が撤収を始めると、待ってましたとばかりにクルド人勢力をテロ組織として敵視するトルコが攻撃してきた。撤退した後のシリア北部は、〈トルコとロシア〉の影響力が強まることになる」


・「▼そもそもクルド人は、第一次大戦後のオスマン帝国の分割以来、英仏などの列強や周辺国の都合に何度も翻弄され、独立の夢をもてあそばれてきた。いわば大国の裏切りには、慣れっこになっている。したたかに次の手を模索しているのではないか」・・・

« (コンビニ時短も“くふう”に期待) | トップページ | (〔マイク・ペンス〕を大統領にしたら、4年大統領になってしまうか) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (コンビニ時短も“くふう”に期待) | トップページ | (〔マイク・ペンス〕を大統領にしたら、4年大統領になってしまうか) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト