« (読売と朝日の『東電旧経営陣判決の報道』:大人と子供の『差』) | トップページ | (環境少女への違和感) »

(『南』の『自由韓国党』よ頑張れ!)

2019年10月06日
(『南』の『自由韓国党』よ頑張れ!)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000019-wow-int


・胸躍らせて「写真を乗っけよう!」という美形ではないが、この〔チョン・ヒギョン自由韓国党報道官〕の、何と見事な報道であろう。恐らく実物は、オーラが立ち込める〔利口美人〕ではなかろうか?


・『北』は恐らく「核を持ったまま」『チャイナ』に添うだろう。『チャイナ』『ロシア』『北』という大陸・半島枢軸だが、『南』の〔文在寅政権〕も、そっちへ行きたくて仕様がない。


・アメリカはデカ過ぎるが、海洋国家なのである。英国も日本も豪州も、海洋国家である。英国の馬鹿タレが混迷しているが早く立ち直り、『米英日豪』の連合側にピッタリと添って欲しいものだ。そして『南』の『自由韓国党』よ頑張れ。国論が2分されているらしいが、思わぬ所で〔検察〕が突っ張っている。『南』さえ目覚めれば、『大陸・半島枢軸』に楔(くさび)を打ち込める。頑張れ!


・YAHOOニュース から、WoW!Korea の記事を以下。


・「【『対北政策、大転換せねば』…“米朝協議決裂”を語る=韓国最大野党】WoW!Korea 10/6(日) 16:37配信」


・「保守系、韓国最大野党の『自由韓国党』は6日、スウェーデンのストックホルムで開かれた『米朝非核化実務者協議』が決裂したことに関して『北朝鮮が核を廃棄して国際社会の平和と安全を脅かさないという意志と履行が“担保”とならず、協議が決裂したと推測する』と明かした」


・「自由韓国党の報道官はこの日のコメントで『対話も重要だが、対話の目的が一番重要だ』と語った。また『最も不幸なことは、北朝鮮の核廃棄がなされない状態で、中途半端な合意をすることだ』とし、『時には“ノーディール”が一番よい“解答”のときもある。米国もまたこのような姿勢をもって対話をするべきだ』と強調した」


・「続けて『文在寅(ムン・ジェイン)政権』が執権3年目になったが、大統領の今までの行動は北朝鮮の核廃棄を促すことができず、むしろ北朝鮮の国際政治的な立場をより優位にさせている』とし、『今回の協議についても韓国国内では盛んに期待感を高めていたが、結果は“手ぶら”であった。韓国政府は経済の大転換はもちろん、対北政策においても大転換をする最後の機会である』と語った」・・・


《チョン・ヒギョン自由韓国党報道官(提供:news1)》

Photo_20191006175801

« (読売と朝日の『東電旧経営陣判決の報道』:大人と子供の『差』) | トップページ | (環境少女への違和感) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (読売と朝日の『東電旧経営陣判決の報道』:大人と子供の『差』) | トップページ | (環境少女への違和感) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト