« (今、日教組は何をしているのか?:神戸教師イジメ問題) | トップページ | (安倍首相側「韓国の変化がない限り、我々からの贈り物はない」) »

(海外メディアはW杯4強ならずも日本の健闘を絶賛)

2019年10月21日
(海外メディアはW杯4強ならずも日本の健闘を絶賛)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010000-wordleafs-spo


・〔桜の戦士:ブレイブ・ブロッサムズ〕の激闘の記憶は、日本こそ「その戦いをノートに残すべき」ではないのか? あの感動の女子サッカー:〔なでしこジャパン〕のW杯優勝記憶は時と共に薄れている。日本のラグビー界は「アマチュア精神」「紳士たれ」に拘り過ぎて、世界に遅れを取ったのだ。


・高校、大学は当然「今回の桜の戦士の大活躍」でラグビー熱は高まろう。ただその上に『強力なプロラグビーの世界』が必要だ。そう、『サッカーJリーグ』と同じ感覚だ。仕掛け人はやっぱり〔川渕三郎氏〕あたりか?今回の『日本でのW杯』の熱が冷めないうちに。


・YAHOOニュース から、THE PAGE の記事を以下。


・「【海外メディアはW杯4強ならずも日本の健闘を絶賛『その戦いをノートに残すべき』『やってのけたことは称賛される』】THE PAGE 10/21(月) 4:55配信」


・「ラグビーW杯日本大会の準々決勝、日本対南アフリカ戦が20日、調布市の東京スタジアムで行われ、〔3-26〕で日本は敗れ、ベスト4進出はならなかった。日本はノートライに終わり世界を沸かせた快進撃も終わりを告げたが、海外メディアは、日本の今大会での健闘を称えた」


・「英国のガーディアン紙は、


〈南アフリカが日本の夢のすべてを打ち砕き、試合終了の笛とともに、日本サポーターの多くが涙を流した。だが、地元(の日本)は、5週間前には達成するとは考えられなかった(ベスト8進出という)勝利をすでにつかんでいた〉


と、南アフリカの勝利と共に日本が史上初の決勝トーナメント進出を果たしたことを称えた。『ノックアウトステージ(決勝トーナメント)に初進出した日本の偉業なくしては今大会の爆発的なラグビー人気は広がることはなかったのだ』と日本の健闘を評価した」


・「ただ南アフリカ戦の試合内容については、


〈(日本の前半の)プレーの手際の良さとボールを保持し続ける能力に押されていた南アフリカは、その中で、何で打ち勝てばいいかの周到な準備を進めていた。(後半に)日本は対応力に欠き、その代償を負った。南アフリカは、後半からスクラムとモールで日本を圧倒し、勢いとパワーを見せつけた。だが、日本の野望を最も脅かしたのは、日本の選手の体格よりもさらに小さな(SHの)〔デクラーク〕だった〉


と『プレーヤー・オブ・ザ・マッチ』に輝いた172センチ、88キロのデクラークのボールコントロールとキックを讃えた。また同紙は、別記事で『日本の『最後まで弱音を吐かない』という精神がラグビーW杯後に育まれるだろう』との見出しを取り8強に進出した日本の戦いをクローズアップした」


〈また会う日までさようなら、そして、ありがとう、日本! やがて(敗戦の)痛みは消え、涙も乾き、このチームが、この数週間で成し遂げた4連勝という誇るべき出来事が思い出されることで、最後の敗戦の痛みは失われていくだろう〉

〈このトーナメントで残った4チームのどこが優勝しようと日本のW杯だったことが人々の記憶に残るだろう。大会をホストするという仕事をやり遂げただけではなく、メンバーの大部分がアマチュアリーグのチーム所属だったにもかかわらず、勇敢で機知に富み、創造性にあふれたプレーで、このスポーツに光を灯して見せた〉


と、日本の戦いぶりを絶賛した」


・「記事はまた『日本は今大会で2番目に好きなチームとなった』と評価しつつも、


〈ただ疑問はある。我々は、いつ彼らをもう一度見ることができるのかということだ。日本のラグビー関係者たちは、同様の質問に対し答えを見出さなければならないだろう。日本の完全なプロチームの〔サンウルブズ〕は、2020年を最後にスーパーラグビーから除外されることになり、日本のチームの強さが維持され続けるかどうかの保証はない〉


と指摘。『日本チームが、まだ若い時、選手たちはこのような夜を夢にさえ思うことはなかった。日本チームは、28年前のワールドカップで臨んだ1991年のジンバブエ戦で(初めて)1勝をつかんだ。だが、今は何が可能か新たな考えを持つ若い選手たちが確実にいる。彼らはただそれを証明するチャンスをつかむ必要がある。日本はその戦いを止めることはできない。ラグビーも彼らを止めさせることはできない』と記した」


・「同じく英国のBBCは、『南アフリカが日本の夢のようなW杯での快進撃を止め、ホスト国(の日本)を痛めつける26-3の勝利で準決勝に進出した』と南アフリカの勝利を伝えた。記事は、『〔ブレイブ・ブロッサムズ(日本の愛称)〕は圧倒された』との見解で、試合内容について触れ、


〈南アフリカの〔ラシー・エラスムス・ヘッドコーチ〕は、ベンチに6人のフォワードを入れ、前衛を強化していた。そして、日本のトレードマークとなった素早いボール回しが、南アフリカの獣のようなパワーと対したとき、日本が予選プールで見せていた滑らかな攻撃は大幅に減ることになった〉


と、南アフリカのフィジカルとパワーの前に日本が劣勢に立たされたことを明らかにした」


・「また識者の試合に対する評論も掲載されており、元イングランド代表の〔ポール・グレイソン氏〕は、


〈夢はいつでもある時点で終わりを迎える。日本は自分たちが持っているものすべてを見せて準々決勝進出の舞台を実現した。彼らがやってのけたことは称賛される。日本は、身体的、精神的にフィールドで行えることを最大限に出して質の高いラグビーを見せてくれた。そして、見る者を楽しませてくれた。だが(準々決勝の南アフリカ戦では)彼らは、ただ大きく、力強過ぎるチームと対戦することになってしまった〉


と日本を称賛した」


・「また元アイルランド代表の〔ジェイミー・ヒースリップ氏〕は、


〈試合全体を振り返ると南アフリカのトライになっていたかもしれない瞬間が3つか4つあった。南アフリカを評価しよう。26-3だったが、10点か20点は容易に上乗せすることができていたのかもしれない〉


と、スコア以上の力の差があったことを指摘していた」


・「一方、南アフリカの『ザ・シチズン』紙は、


〈ラシー・エラスムス・ヘッドコーチの選手たちは上等なプレーを見せることはほとんどできなかったが、最後は日本を上回った。〔スプリングボクス(南アフリカ代表の愛称)〕は、荒々しく効果的なプレーを見せ、日本に26-3で勝ち準決勝に進出した。(次の)日曜日の準決勝2試合目でウェールズと対戦する〉


と母国の勝利を伝えた」


・「試合については、


〈南アフリカは前半の時間帯を必死に守備しなければならなかった。彼らは最初の40分で少なくとも3つ敵陣を抜けるチャンスをミスで台無しにした。それでもスプリングボクスの守備は、大抵の場面で力強く、結果として、そこから脱出しようとするホスト国(の日本)を陣内に押しとどめた。日本は体格面でも劣っていた〉


と分析。そして『南アフリカのフォワードは、残忍なほど力ずくだったが、バックス陣は、ほとんどカバーすることができなかった。その中で2トライをあげたウィンガーの〔マピンピ〕は堂々と胸を張っていいだろう』と続けた」


・「ラグビー大国、ニュージーランドのメディア『スタッフ』は、『ブレイブ・ブロッサムズのW杯の戦いから教訓を得るべき」と今大会の日本の戦いを絶賛した。


〈日本が南アフリカ戦の試合終了後にファンに頭を下げて別れを告げたとき、すべてのラグビーファンに何かを考えさせる機会をもたらした。ラグビー界は、それをノートに取るべきだ。日本は、2015年のW杯のように(南アフリカ相手に)面白いラグビーをプレーして勝ちたかったのだろう。体の大きな選手に対して、競い合いを望めないと理解し、ボールを生かし続け、スピードあるプレーで試合に臨むことに専念した。そういうプレーを見るのは素晴らしいことだった。人々をラグビーに関わらせたいと思わせるものだった〉


と、日本の戦術、戦略を評価した」
 

・「また別記事では、


〈日本は試合には敗れたがファンと選手は感情を高ぶらせていた。試合後、チームはフィールドで円をつくり、顔に涙が流れる中、肩を組んだ。キャプテンの〔リーチ・マイケル〕が、その真ん中に立ち、激励の言葉をかけ、〔ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ〕はコーチ席から選手たちのもとへ向かった。耳が聞こえなくなるほどの観客からの声援によって感動的な瞬間となった〉


と、敗れた日本の姿を感動的に描写した。海外メディアは最後まで今大会の日本の戦いぶりを讃えた」・・・


《南アフリカに敗れた日本だが海外メディアは今大会の快進撃を称賛(写真・ロイター/アフロ)》

Photo_20191021125501

« (今、日教組は何をしているのか?:神戸教師イジメ問題) | トップページ | (安倍首相側「韓国の変化がない限り、我々からの贈り物はない」) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (今、日教組は何をしているのか?:神戸教師イジメ問題) | トップページ | (安倍首相側「韓国の変化がない限り、我々からの贈り物はない」) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト