« (さぁラグビーW杯、初戦はロシア戦。頑張れ!) | トップページ | (なぜラグビーW杯日本代表に〔五郎丸〕がいないのか?) »

(英国軍ラグビーチーム、靖国神社参拝 物議醸す)

2019年09月20日
(英国軍ラグビーチーム、靖国神社参拝 物議醸す)


https://news.nifty.com/topics/12274/190919366357/


・これはW杯とは無関係な『英国軍人ラグビーチーム』の話である。強固だった『日英同盟』の消滅は、「第1次世界大戦に、日本が陸軍を派兵しなかったから」が原因とされるが、日本は地中海に海軍を派遣して、英国の輸送船を護衛する任務を遂行した。


・ドイツ潜水艦に沈められた英国輸送船乗組員:3000人を救出するなど、大きな功績を残している。マルタ島には、爆沈した日本の駆逐艦〔榊〕の犠牲者:59名の慰霊墓地が現存する。


・私はこの記事のように、「とても考えが甘い行為」や「物見遊山気分」で「『英国軍人ラグビーチーム』が靖国参拝をした」とは思えない。〔駐日・英大使〕などより、軍人らの方が、「日英同盟の歴史」を学んでいるのではないか?


・若し〔英国世論〕が、『チャイナ』や『南』のように騒ぐなら、英国の民度も、もうお仕舞いだ。ただ「『戦争に対する和解だ』と称賛する反応もあった」そうだから、「英国の体面」を僅かながら保っているようだ。


・ニフティニュース から、産経新聞 の記事を以下。


・「【英国軍ラグビーチーム、靖国神社参拝 物議醸す 英紙タイムズ報道】産経新聞 2019年09月19日 18時14分」


・「【ロンドン=板東和正】英紙タイムズ(電子版)は19日までに、〈現役の英軍人で構成されるラグビーチーム〉が訪日中に『靖国神社』を参拝し、物議を醸したと報じた。第二次大戦で日本と戦った英国内では『A級戦犯が合祀(ごうし)される神社を参拝した』との批判があり、〔ポール・マデン駐日英国大使〕が注意したという」


・「タイムズによると、同チームは、防衛省の主催で23日まで開かれている『国際防衛ラグビー競技会』に参加。参拝の経緯は不明だが、チーム関係者は『(参拝は)とても考えが甘い行為だった』と話している。マデン氏は念のため、今後は日本で神社の参拝を避けるよう注意したという」


・「同紙などは、英国内で『靖国神社にA級戦犯が合祀されていることを理解していたのか』と指摘する声が上がる一方、『戦争に対する和解だ』と称賛する反応もあったと伝えている」・・・

« (さぁラグビーW杯、初戦はロシア戦。頑張れ!) | トップページ | (なぜラグビーW杯日本代表に〔五郎丸〕がいないのか?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (さぁラグビーW杯、初戦はロシア戦。頑張れ!) | トップページ | (なぜラグビーW杯日本代表に〔五郎丸〕がいないのか?) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト