« (文在寅政権の命運が尽きたあと、朝鮮半島はどうなるのか) | トップページ | (正体バレた石破茂:存在かすむ・・・自爆だろ?) »

(米国の対中制裁関税で日本企業、中国外への生産移管が加速)

2019年09月02日
(米国の対中制裁関税で日本企業、中国外への生産移管が加速)


https://www.sankei.com/economy/news/190901/ecn1909010007-n1.html


・私のガキの頃は『創業社長ら』が皆健在で、少年雑誌に彼らの『コラム』が毎回載っており、その教えが楽しみだった。「運は待っていても巡って来ない。〔運〕は〔運ぶ〕という字。自分が運ばなくては」・・・は『東映創業者』:〔大川 博氏〕の教え。私は今でも「肝に銘じ」ている。


・敗戦日本は、彼らが率先垂範し、先輩諸氏や我らが「それを貴(たっと)し」と信じて猛烈に働いて『奇跡の復興』を成し遂げた。専業主婦らも『猛烈旦那』をアタリマエダとして支えた。だからそんな私らからすれば、サラリーマン社長が自然となった日本企業の動きは、実に鈍い!


・アメリカの〔トランプ〕が仕掛け、チャイナの〔習近平〕が応戦した『貿易関税戦争』は、両者の振り上げた拳の落としどころが無く、「泥沼になる」ことぐらいは、「市井の一老ブロガーの私」でさえ分っていた。


・「チャイナに生産工場を抱える日本企業」は、もっと素早く『脱チャイナ』を図っていて当然だ。ナニをモタモタと。「話し合いが出来る」とでも踏んでいたのか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【米中貿易戦争 米国の対中制裁関税で日本企業、中国外への生産移管が加速】産経ニュース 2019.9.1 20:28」


・「米国が『第4弾』を発動した対中制裁関税による影響を避けるため、『世界の工場』の役割を担ってきた中国から、日本企業が他国へ生産拠点を移管する動きが加速してきた。安全資産とされる円買いが進めば、円高ドル安で企業業績の悪化につながりかねず、米中貿易摩擦が日本経済の下振れリスクを高めている」


・「1日に発動された追加関税は〔約3200品目〕が対象で、靴や衣料品、複合機などが含まれる。カジュアル衣料品店『ユニクロ』を運営するファーストリテイリングは、米国向け製品の多くを中国で生産しており、『対応を検討中だ』という」


・「リコーは米国向け複合機の生産拠点を7月に中国からタイ工場に移した。京セラも米国向けの複合機やコピー機の生産拠点を中国からベトナムに移管すると表明。移管の費用は最大数十億円を見込んでおり、今年度内には完了させたい考えだ」


・「12月には対象がゲーム機などにも広がる。任天堂は今夏、主力の家庭用ゲーム機『スイッチ』の一部生産を中国からベトナムに移した。ソニーもゲーム機『プレイステーション4』について、中国外への生産移管も含め検討している。パナソニックは令和2年3月期業績で、米中摩擦が100億円の減益要因になると予想。第4弾による取引先企業の設備投資抑制に警戒感を強める」


・「『国際通貨基金(IMF)』が7月に発表した今年の世界全体の実質経済成長率の見通しは3・2%と、米中摩擦を背景に前回4月時点から0・1ポイント下方修正した。日本も0・9%と0・1ポイント引き下げた。日本商工会議所の〔三村明夫会頭〕は『世界経済全体の成長率が落ちれば、巡り巡って日本経済にも影響が出る』と憂慮している」・・・

« (文在寅政権の命運が尽きたあと、朝鮮半島はどうなるのか) | トップページ | (正体バレた石破茂:存在かすむ・・・自爆だろ?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (文在寅政権の命運が尽きたあと、朝鮮半島はどうなるのか) | トップページ | (正体バレた石破茂:存在かすむ・・・自爆だろ?) »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト