« (あながち私の「読み違い」では無かったのかも:『南』検察) | トップページ | (反日扇動返り討ち! 韓国 〔文在寅大統領〕『タイ逃亡』計画(2)) »

(トランプ氏、ボルトン大統領補佐官を『解任』)

2019年09月11日
(トランプ氏、ボルトン大統領補佐官を『解任』)


https://www.sankei.com/world/news/190911/wor1909110016-n1.html


・米中戦争が起こった時、『北朝鮮』に北京の背後を襲わせるために〔金正恩〕を手駒に使おうとしたり、終わりの無いアフガン戦争に終止符を打つために〔タリバン首脳〕をアメリカに呼ぼうとしたり、〔トランプ〕の策謀は「変幻自在」であるが、見ようによっては「支離滅裂」である。


・一途な強硬派:〔ボルトン〕からすれば、「朝令暮改」ってか「朝礼朝改」のトランプに、よく「1年半近く」献身してくれたと思う。私が若し『米・共和党の重鎮』なら、


〈来年の大統領選は〔ペンス君〕で戦う。路線は君と同じだ〉

〈彼をサポートするため、君が大統領補佐官をやってくれないか?史上最強の大統領補佐官だ。どうだ ろ?トランプ君〉


と言ってやりたいが、トランプ君、聞く耳持たないだろなぁ。ボルトン君、お疲れ様でした!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【トランプ氏、ボルトン大統領補佐官を『解任』】産経ニュース 2019.9.11 17:36」


・「【ワシントン=黒瀬悦成】〔トランプ米大統領〕は10日、〔ボルトン大統領補佐官〕(国家安全保障問題担当)を同日付で解任したとツイッターで発表した。ただ、ボルトン氏は『自らの意思で辞任した』と主張」


・「ボルトン氏は『北朝鮮やイランの核問題』での強硬路線を提唱しており、トランプ氏が自身の外交方針を一層強力に打ち出し、両国への圧力が〈弱まる可能性〉もある」


・「トランプ氏は『ボルトン氏には、もはや働いてもらう必要はないと昨晩伝えた。私も他の政権関係者も彼の提案の多くに強く反対してきた』と指摘。後任は『来週任命する』とした。国務省の〔ビーガン北朝鮮担当特別代表〕や〔フック・イラン担当特別代表〕らの名前が挙がっている」


・「ただ、トランプ氏の説明に関し、ボルトン氏はツイッターで『昨夜辞任を申し出たところ、『明日話そう』と言われた』とした。米メディアによると同氏周辺はトランプ氏の説明が虚偽だと主張している。米メディアによるとボルトン氏は、トランプ氏がアフガニスタンのイスラム原理主義勢力〔タリバン〕を米国に招くことに反対し、アフガン和平合意案にも否定的で、退場劇の直接のきっかけになった可能性がある」


・「ボルトン氏は、前任の〔マクマスター氏〕の更迭を受けて昨年4月に就任したが、イランや北朝鮮、アフガン問題などでトランプ氏との〈意見対立〉が知られてきた。トランプ政権で国家安全保障問題担当の大統領補佐官が交代するのはボルトン氏で3人目となる」・・・


《ボルトン米大統領補佐官 (AP)》


Borutonn

« (あながち私の「読み違い」では無かったのかも:『南』検察) | トップページ | (反日扇動返り討ち! 韓国 〔文在寅大統領〕『タイ逃亡』計画(2)) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (あながち私の「読み違い」では無かったのかも:『南』検察) | トップページ | (反日扇動返り討ち! 韓国 〔文在寅大統領〕『タイ逃亡』計画(2)) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト