« (〔れいわ山本太郎〕は未だに住所不定) | トップページ | (台湾ソロモン断交 中国の太平洋進出警戒を) »

(香港デモで考える植民地化の功罪)

2019年09月19日
(香港デモで考える植民地化の功罪)


https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190919/0001.html


・〔平川祐弘・東京大学名誉教授〕・・・88歳にしてこれだけの文章が書けることに先ず敬服。ただ平川先生、香港騒動を「余りに飄々と」解説なさっていませんか?香港騒動には確固たるリーダーが不在である。このまま騒動が続けば、やがて「動乱」として〔人民解放軍〕の別働隊である〔武装警察〕による鎮圧が目に見えている。


・日韓騒動は、「間も無く消えて行く『南』という国」相手だから、適当に相手をしていれば宜しい。しっかしま、巨大チャイナに香港が挑んでも、万に一つの勝ち目は無い。『5大要求』で突っ撥ねていれば、先が無い。あくまで『香港の自治』を守るため、「チャイナ本土が呑めるモノ、呑めないモノ」を仲介する機構は無いものか? 国連なんざ、糞の蓋にもならない!


・産経スペシャル・[正論] から、記事を以下。


・「【[正論] 香港デモで考える植民地化の功罪 東京大学名誉教授・平川祐弘】産経スペシャル 2019.9.19」


・「英国の〔サッチャー首相〕は1988年9月、ブリュッセルで全欧の政治家に向けて演説し、西洋人の歴史体験にふれた。『ヨーロッパ人がいかにこの世界の多くの土地を探検し、植民地化し--私はなんら釈明することなく申し上げます--文明開化したかは、まことにすばらしい勇気と才覚の物語でありました』」


・「植民地主義を謝罪する必要はないとの発言に驚いた。詩人〔キプリング〕同様、自分たち西洋人は『白人の責務』を担って野蛮な民の世話を焼くために文明の事業をした、と言ったも同然だ。なるほどコロンブス以来の米国植民地化は人類史上の大事業だし、ロシアのシベリア開拓も文明開化だろう。そんなコロニアリズムにプラス面はあろうが、英首相のあまりに露骨な自己肯定に私は鼻白んだ」


≪漢民族専制より英植民地統治?≫


・「私が子供の頃の日本では次のような英米批判が盛んだった。


〈欧米近代社会ノ支柱ガ、実ハアジアノ隷属ニアリ。如何ニ欧米ニ於テ人道、人権、自由、平等、法ノ支配等ガ唱エラルルトモ、コレラハ有色人種ニハ、無縁ノ標語ニシテ、民族主義ノ世紀トイワレタル十九世紀ハ、正シク欧米ニヨルアジア隷属化ノ世紀ニ他ナラズ〉

〈欧米ガ、ソノ資本主義文明ナイシ世界自由経済ニヨリテ如何ニ文明ト繁栄ヲ享受シタルニセヨ、ソノ陰ニハ原料産地及ビ製品市場トシテ単一耕奴植民地ナイシ半植民地タル地位ヲ強イラレ、愚民政策ニ依リ民族意識ヲ抑圧セラレタルアジア・アフリカ十数億ノ有色人種ノ隷属アリシコトヲ忘ルベカラズ〉


日本人の多数は実は今でもこの意見に賛成ではないか。1941年、日本軍の攻撃で英領香港が陥落したとき『東亜侵略百年の野望をここに打ち砕く』と喜んだ」


・「だがそれから80年、人民中国に呑(の)み込まれることを嫌って香港人がデモをする。〈漢民族の専制支配〉より、〈英国の植民地統治の方がまだしもまし〉ということか。だとするとサッチャー氏の方が日本の元首相の獄中手記より正しいか。そんな疑念も生じかねない。そこで外国文化の影響と植民地化の功罪を改めて巨視的に再考しよう」


・「デモ参加の若者は、香港が中国に返還された1997年後に生まれた者も中国語と英語を話す。大陸中国人はそんな香港人を毛嫌いしているだろう。だが香港が金融・貿易センターとして国際的に高い地位を維持するのはバイリンガルな法治の土地なればこそだ。英語がワーキング・ランゲージとして機能しない深センは代われない」


≪日本は外来文明を平和的吸収≫


・「日本は香港ほどではないが東西の文化が交ざりあって、外に向かって自由に開かれている。日本列島は大陸の周辺にやや離れて位置し、物は入ったが、人が支配者として入ることはなく、他国の植民地にならなかった。奈良・平安から千数百年、大陸から学んできた。漢字を習ったが仮名を発明。漢字仮名交じりはすばらしい」(解説:男文字の片仮名が先だったが、女文字の平仮名が加わって、日本字は世界最高となった!)


・「日本の過去について『漢文明によって汚染された』と非難する気は私にない。同様に『西洋文明を排除せよ』と主張する気もない。〔紫式部〕は『大和魂をいかに生かせて使うかは漢学の根底があってできることと存じます』と【源氏物語】で和魂漢才について述べた」


・「それが幕末維新以後は和魂洋才となった。過去に純粋の日本を想定して復古を唱える気はない。平川家には仏壇も神棚もある。雑種文化としての日本の歴史的実態を肯定して、良いものを求めている」


・「衣食住について、わが家は祖父の代は家屋は和風、父の代は和洋折衷、私の代で和室は一間きり。父は帰宅すると和服に着替えたが、私が帯を締めるのは温泉に泊まるときだけ。和食に限るなどとぜいたくは言わない。洋食も中華も可。ワインも飲む。精神面でも外国の影響を受けた。戦争中は『家なき子』や『十五少年漂流記』、戦後は『風と共に去りぬ』など翻訳物に夢中だった。蔵書は和書と洋書と半々だ」


・「コロナイゼーションとは好むと好まざるとにかかわらず外来文化を強制されることである。文化的影響は広い意味での植民地化だが、軍事支配によって植民地化が強制されると、不満は残る。日本は外来文明をおおむね平和的に取り入れてきた。しかし主体的に選択できず、外来の文化を力ずくで押し付けられると問題だ」


≪西洋文明と等置できる価値観≫


・「『欧米近代社会ノ支柱ガ、実ハアジアノ隷属ニアリ』という西洋帝国主義批判の言葉は、七十数年前は、大東亜の人の共感を呼んだ。しかしいま香港は外来の力で押し付けられようとしている。『中国社会ノ支柱ガ、実ハ人民ノ隷属ニアリ』という言葉が、より実感がある」


・「香港市民の逃亡犯条例反対のデモや主体保衛運動は、西洋文明と等置できる自由、人権、法治という価値観とその実践において、習近平政権の人民中国やその傀儡(かいらい)の香港政府が、はるかに劣ることをはっきりさせた。中英文明共存の土地香港で進行中のデモは、東西の価値観の優劣を示す比較文化的な事件となっている。(ひらかわ すけひろ)」・・・

« (〔れいわ山本太郎〕は未だに住所不定) | トップページ | (台湾ソロモン断交 中国の太平洋進出警戒を) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (〔れいわ山本太郎〕は未だに住所不定) | トップページ | (台湾ソロモン断交 中国の太平洋進出警戒を) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト