« (英首相、議会抵抗で八方ふさがり=総選挙でも描けぬ展望) | トップページ | (強靱な対外情報発信態勢確立を) »

(根が深かった! デモ隊側「騙されるな」:香港)

2019年09月04日
(根が深かった! デモ隊側「騙されるな」:香港)


https://www.sankei.com/world/news/190904/wor1909040024-n1.html


・根が深かったなぁ。他記事の〔周庭ちゃん〕のツイートを見ると、①絶望自殺者:8人、②失明者:3人、③重軽傷者:数知れず・・・「遅過ぎた!」と書いて、『警察暴力への憎しみ』の深さが伝わって来る。民族性の違いなのか、日本の『60年安保』の狂騒を思い出す。


・東大生:〔樺美智子(かんばみちこ)さん〕が死んでいるのに、殆どみんなサラリーマンになって、平穏に人生を過ごしている。〔バンバン:ばんばひろふみ〕の『いちご白書をもう一度』の一節と同じだ。「♪ 就職が決まって 髪を切って来たとき もう若くないさと 〔君〕に言い訳したね」・・・〔荒井由美〕の詞・曲だから今も新鮮だ。


・闘争を続けていたろう〔君〕に、周庭ちゃんが重なって切ないなぁ。シンガポールかマレーシアか、アメリカにでも逃げた方が現実的だろうに。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【香港長官が条例案撤回を正式表明 デモ参加者から反発の声】産経ニュース 2019.9.4 20:27」


・「【香港=西見由章】香港政府トップの〔林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官〕は4日、テレビ演説し、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする『逃亡犯条例』改正案を正式に撤回すると表明した。抗議活動が拡大した直接のきっかけとなった条例改正案の完全撤回により、政府の後ろ盾である中国政府は混乱の収束に向けて一定の譲歩を示した」


・「ただ林鄭氏はデモ隊側が求めている警察当局の暴力行為に対する独立調査委員会の設置などを認めず、反発の声も出ている」


・「林鄭氏は演説で、改正案を正式に撤回して『市民の疑念を完全に取り除く』と言明、立法会(議会)の再開後に当局側が改正案撤回の動議を行うと説明した。一方、デモ隊側が要求していた『警察当局に対する独立調査委員会の設置』については改めて拒否。既存の監察組織に海外の専門家らを招いて対応すると主張した。『逮捕されたデモ参加者の釈放要求』も、違法行為があったとして否定した」


・「また林鄭氏は、今月から香港政府幹部と市民との直接対話のプラットフォームを設置する考えを表明。社会各界のリーダーらを招き、社会問題について政府に提言する独立した組織をつくる意向も示した。複数の香港メディアによると林鄭氏は同日午後、長官公邸に親中派の立法会議員や中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の香港代表、香港政府幹部らを招集。改正案の撤回を公表して『善意』を示す考えを説明したという」


・「一方、2014年の大規模デモ『雨傘運動』をリードした学生団体の幹部だった〔周庭(アグネス・チョウ)氏〕は4日、林鄭氏が条例改正案の正式撤回を表明したことについて『遅すぎた』とツイッターに投稿。その上で『これからも戦い続ける』との考えを表明した」


・「デモ参加者は、『条例改正案の完全撤回』と、『〔暴動〕認定の撤回』、『デモ参加者の釈放』、『当局による暴力の独立調査』、『普通選挙実現』という『5大要求』を求めている。香港の警察当局によると、改正案に対する抗議活動で今月2日までに〔1117人〕が逮捕された」・・・

« (英首相、議会抵抗で八方ふさがり=総選挙でも描けぬ展望) | トップページ | (強靱な対外情報発信態勢確立を) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (英首相、議会抵抗で八方ふさがり=総選挙でも描けぬ展望) | トップページ | (強靱な対外情報発信態勢確立を) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト