« (「ゼニの話」だったら自分が払うべきだ:〔れいわ参院議員2人〕) | トップページ | (輸出優遇『ホワイト国』韓国外す 閣議決定、対立激化は確実) »

(やっぱり〔トランプ〕は『北』を囲い込むのか?)

2019年08月01日
(やっぱり〔トランプ〕は『北』を囲い込むのか?)


https://www.sankei.com/column/news/190801/clm1908010003-n1.html


・「支那人は信用するな」が〔金日成〕〔金正日〕の遺訓だ。「ヤンキー野郎は」ではない。平壌を灰にしたのは米軍だ。圧倒的人海歩兵軍の『人民義勇軍』を送り込み、一緒に戦ってくれたのはチャイナ共産党軍だ。それなのに??である。〔金日成〕なりに何か、「感ずるところ」が有ったのだろう。


・私が深読みし過ぎているのか、この『遺訓』が気になって仕方が無い。世界のメディアは「〔習近平〕にゴロニャンの〔金正恩〕」しか伝えないが、「〔金正恩〕は〔トランプ〕にもゴロニャン」なのである。「夢を語る力」「夢を観させる力」が、私には〔トランプ〕の方が数段上なのではなかったのか?と。


〈かつての高句麗を思いなさい。高句麗は朝鮮半島に止(とど)まらず、当時の支那王朝をも手玉に取っていたではないか。貴方にはその『王』になる素養が有る。アメリカと日本が、必ずその力になる。先ずはアメリカに届くICBMを破棄しなさい。それと『日本は味方』だ。決して攻撃しないように〉


・私が創作した『トランプ節』だが、私にはそう思えて仕方が無い。何かの拍子で『米中戦争』が始まった時、『北京の背後を襲う獅子身中の虫』は、〔金正恩〕率いる『北』ではないか?と。『近距離・核』は、その為にも廃棄させないのではなかろうか?


・産経ニュース・[主張(社説)] から、世界の正論 を以下。


・「【[主張] 北のミサイル 日米は『脅威』を直視せよ】産経ニュース 2019.8.1 05:00」


・「北朝鮮が7月31日の早朝、6日前に続き、日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射した。危険な軍事的挑発を繰り返すことは到底認められない。国連安保理決議違反であり、国際社会は対北制裁をより強固にしていくべきである」


・「極めて残念なのは、〔トランプ米大統領〕が、軍事挑発の責任者である〔金正恩朝鮮労働党委員長〕に甘い顔をしていることだ。おかげで北朝鮮が図に乗っている面が否めない。トランプ大統領は前回7月25日の発射について『短距離であり、多くの国も保有している』と問題視しない姿勢を示した。〔ポンペオ米国務長官〕は金正恩委員長を『聡明(そうめい)だ』と評した。このような米政府の態度は間違っている」


・「非核化をめぐる『米朝実務協議』は再開に向け調整中だ。8月5日から米韓合同軍事演習が予定されている。相次ぐミサイル発射は、北朝鮮が実務協議を有利に運ぶねらいがあるとともに、米韓演習への反発を示したといわれている。なぜそうなのか。今回や前回、それに5月4、9日に発射したミサイルは、ミサイル防衛(MD)網の突破を目指すロシア製の短距離弾道ミサイル『イスカンデル』のコピーだとみられるからだ」


・「韓国軍によると今回の最大高度は約30キロ、飛距離は約250キロだった。前回は最大高度約50キロ、飛距離約600キロだった。前回は、下降段階で弾道から外れて水平飛行に移った。〈弾道を計算して終末段階で迎撃する地対空誘導弾パトリオット(〔PAC3〕)による対処が困難〉となる。また、最大高度が低く、高度70キロ以上で撃ち落とす現行の〔SM3〕ミサイルでも対応が難しい」


・「前回の飛距離を最大射程としても、北朝鮮領内から福岡、北九州市はもちろん、極東最大級の『米軍岩国基地』(山口県)をねらうことができそうだ。トランプ大統領は同盟国や米軍基地が脅威にさらされていることにもっと敏感であるべきだ」


・「安倍晋三首相は7月31日、『わが国の安全保障に影響を与えるような事態ではないと確認している』と語ったが、緊張感に著しく欠ける。新型ミサイルの脅威を国民に伝える必要がある。日米両政府は北朝鮮の新たな脅威を直視し、挑発を許さない姿勢で臨まなければならない」・・・


(解説)世界の覇権を握るアメリカの大統領、そしてその一番の同盟国である日本の総理大臣が、「産経の社説で叱られる」程、馬鹿なのだろうか?

« (「ゼニの話」だったら自分が払うべきだ:〔れいわ参院議員2人〕) | トップページ | (輸出優遇『ホワイト国』韓国外す 閣議決定、対立激化は確実) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「ゼニの話」だったら自分が払うべきだ:〔れいわ参院議員2人〕) | トップページ | (輸出優遇『ホワイト国』韓国外す 閣議決定、対立激化は確実) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト