« (2/3割れの方が良かった不思議:『憲法改正』) | トップページ | (コリアンは常に〔感情優先〕で物事を考え、〔理性〕は「親日」「売国」「国賊」と唾棄されて埋もれる) »

(売った『NTT空間情報』に罪は無いのか?)

2019年08月09日
(売った『NTT空間情報』に罪は無いのか?)


https://www.sankei.com/affairs/news/190808/afr1908080029-n1.html


・「♪ 泣いた女が 馬鹿なのか 騙した男が 悪いのか・・・」古い古い〔西田佐知子〕の名曲:【東京ブルース】の唄い出しである。「騙した男」は200万円の大金を払って『3D地図』を購入している。間違いなく「泣いた女(日本)が馬鹿」なのである。


・民営化してNTTと名乗っているが、国民の誰もが『電電公社』だと知っている。郵政の『かんぽ』が、「国家だ」と未だに信じてるお年寄りを騙したのと根っ子は同じだ。そんなヤバい商品を、子会社か孫会社か知らないが、「国家」の検閲を受けずに販売していること自体が驚きだ。


・『チャイナ』じゃないが、「騙した男」はスパイ罪に問うべきだろう。法律が無かったら立法すれば良い。それと『NTT空間情報』(台東区)は、国の管轄化に組み込むべきだ。呑気過ぎる話ではないか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【ミサイルの飛行ルート選定にも利用可能 中国へ転売の3D地図】産経ニュース 2019.8.8 21:26」


・「元中国籍で埼玉県内に住む貿易会社役員の男(60)が8日、東京都心の3次元(3D)地図をNTTグループ会社『NTT空間情報』(台東区)からだまし取ったとして、警視庁公安部に書類送検された」


・「地図情報はドローンの自動飛行などで活用の場が広がるが、業界関係者は『ミサイルのルート選定といった軍事目的でも利用できる。重要情報としての性質を把握し、より慎重に取り扱うべきだ』と警鐘を鳴らす」


・「NTT空間情報によると、地図データは『GEOSPACE 3D ソリューション』と呼ばれる商品。地図に航空写真からの情報を組み合わせて複雑なデザインの建物も正確に再現し、高度の誤差は1・5メートル程度とされる。インフラ整備や防災対策などの利用を想定しており、用途によっては提供を拒否するケースもあるという」


・「3D地図データは近年、ドローンの自動飛行や地図アプリの作成などに活用の場が広がっている。一方、軍事関係者によると、地形の高低情報はミサイルなどの飛行ルートの選定にも用いられる。関係者は『確実に目標に到達させて打撃を与えるために必要な情報になり得る』と語る」


・「男の書類送検容疑は平成28年11月~29年1月、中国での転売目的を隠した上で、NTT空間情報と契約を結び、ハードディスクに入った3D地図データを〔約200万円〕で購入、詐取したとしている」


・「男は地図データの範囲として、千代田区、中央区、港区の全域と新宿区の一部を指定。警視庁公安部は、転売先の元同僚と相談し、購入区域を決めた可能性があるとみている。捜査関係者によると、NTT空間情報に対しては利用目的を『日本への不動産投資を考えている顧客向けに案内図として使う。段階的に別の区の地図も買う予定』などと偽って説明していた」


・「都内の地図製作会社の経営者は『地図は〈ユーザーの性善説に基づいて販売している〉のが実情。他国では、軍事関連施設がある地帯を白塗りにしているところもある。地図がもろ刃の剣であることを理解して取り扱う必要がある』と話した」・・・

« (2/3割れの方が良かった不思議:『憲法改正』) | トップページ | (コリアンは常に〔感情優先〕で物事を考え、〔理性〕は「親日」「売国」「国賊」と唾棄されて埋もれる) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (2/3割れの方が良かった不思議:『憲法改正』) | トップページ | (コリアンは常に〔感情優先〕で物事を考え、〔理性〕は「親日」「売国」「国賊」と唾棄されて埋もれる) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト