« (米国防総省が『宇宙統合軍』を発足 宇宙空間で中露に対抗) | トップページ | (天安門事件との不気味な符合:香港) »

(安全保障にはカネがかかる:過去最大5.3兆円)

2019年08月30日
(安全保障にはカネがかかる:過去最大5.3兆円)


https://news.google.com/articles/CAIiECpALaWt8ZE1drcISq0ZeJgqGQgEKhAIACoHCAowltHeCjCnpdYBMK6coQM?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・ま、「安全保障にはカネがかかる」現実に頬被りして、経済成長に邁進出来た日本だったが、「そうは問屋が卸さねぇ」時代が来たのだ。「ゴミは出すのに、ゴミ焼却炉の近隣配備には反対」という住民運動のパターンは変らない。


・日本の山林の7割は「国有林」と訊く。嫌われモノの『イージス・アショア』配備なんざ、国有林を活用すべきだ。村や町のど真ん中の時代ではない。


・アメリカの『宇宙統合軍』設立に呼応するかのように、日本も空自の下に「『宇宙作戦隊(仮称)』を新設するほか、日本の人工衛星を標的とした電磁妨害の状況を把握する装置などを導入するとしている」・・・はタムリーだ。


・GOOGLEニュース から、時事コム の記事を以下。


・「【いずも空母化に31億円=過去最大5.3兆円、7年連続増-防衛省概算要求】時事コム 2019年08月30日14時04分」


・「防衛省は30日、2020年度予算の概算要求を発表した。総額は〔過去最大の5兆3223億円〕で、19年度当初予算比1.2%増。概算要求段階で7年連続の増額となっており、最終的に8年連続の増加予算となる見込みだ」


・「昨年末に策定した防衛大綱と中期防衛力整備計画(中期防、19~23年度)で打ち出した海上自衛隊最大の護衛艦『いずも』空母化のため改修費31億円を計上した」


・「いずも改修は甲板の耐熱工事などが中心で、21年度の途中までかかる見通し。また、いずもに搭載する米国製最新鋭ステルス戦闘機〔F35B〕6機分の購入費として846億円を盛り込んだ」


・「防衛省は新大綱と中期防で、〈宇宙・サイバー・電磁波といった新領域での対処能力を強化〉する方針を示した。宇宙分野では計524億円を計上。航空自衛隊に約20人の『宇宙作戦隊(仮称)』を新設するほか、日本の人工衛星を標的とした電磁妨害の状況を把握する装置などを導入するとしている」


・「サイバー分野は計238億円。陸海空共同の『サイバー防衛隊』を70人増員して〔290人〕規模とするよう要求した。電磁波領域では、相手方戦闘機のレーダー波を妨害する『スタンド・オフ電子戦機』の開発費207億円などを計上した」


・「候補地の秋田県などが反発している陸上配備型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』に関しては、発射装置の取得費など122億円を盛り込むにとどめ、配備予定地の造成費などは『地元の理解が得られていない』として見送った」・・・

« (米国防総省が『宇宙統合軍』を発足 宇宙空間で中露に対抗) | トップページ | (天安門事件との不気味な符合:香港) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (米国防総省が『宇宙統合軍』を発足 宇宙空間で中露に対抗) | トップページ | (天安門事件との不気味な符合:香港) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト