« (習主席の「逃げの政治」) | トップページ | (枝野幸男の正体ーPART2) »

(『竹島挑発』には乗らず『南』の自滅を待て)

2019年08月30日
(『竹島挑発』には乗らず『南』の自滅を待て)


https://www.sankei.com/column/news/190830/clm1908300003-n1.html


・『南』では中学校の間に、この【独島(トクト)は我が領土】という洗脳歌を丸暗記して唄えなければならないという。我ら日本人からすれば、『火事場泥棒の居直り歌』だが、〔たまねぎ通信〕さんに詳しいので借用する。以下。


『独島はわが領土』

[1番]

 鬱陵島(ウルルンド)東南、船で二百里
 寂しい島ひとつ、鳥のふるさと
 誰が何といおうが 独島はわれらの地

 慶尚北道鬱陵郡南面島洞一番地
 東経百三十二、北緯三十七
 平均気温十二度、降水量千三百

 独島はわれらの地、われらの地
 イカ、イイダコ、タラ、メンタイ、カメ
 サケの子、水鳥の卵、海女の小屋
 十七万平方メートル、井戸ひとつに噴火口

 独島はわれらの地


[2番]

 智證王(チジュン王)十三年、島国・于山(ウサン)国
 世宗実録・地理誌五十ページ三行目
 ハワイは米国の地、対馬は日本の地
 独島はわれらの地、われらの地

 露日戦争直後、主無き島と
 勝手にいっては困ります
 新羅将軍・異斯夫(イサプ)、地下で笑っている
 独島はわれらの地、われらの地

 鬱陵島東南、船で二百里
 寂しい島ひとつ、鳥のふるさと
 誰が何といおうが 独島はわれらの地

・言い出したら絶対譲歩しない民族性だ。奪い返すなら〔丸山穂高議員〕では無いが、「戦争」しか無いだろうが、『日本海局地戦』をやっても日本の損害に見合う〔島〕でも無いだろう。『南』の自滅で、日本からの何らかの支援の見返りに差し出して来る可能性も有るが、はて?その折に交わす『条約』に意味が有るのだろうか?


・敵は「国際条約破りなど、屁の河童」の野蛮人だ。どんな見返りにもシカトして、非韓三原則=「助けず、教えず、関わらず」を押し通していた方が利口だと思うがなぁ。


・産経ニュース・[主張] から、記事を以下。


・「【[主張] 文大統領の発言 竹島侵略したのは韓国だ】産経ニュース 2019.8.30 05:00」


・「韓国の〔文在寅大統領〕が、同国が不法占拠している『竹島(島根県隠岐の島町)』について、『日本の帝国主義による侵略によって最初に犠牲になった』と述べ、日本が『自身の領土だと根拠のない主張』をしていると批判した」


・「さすが、日韓関係を最悪の状態に追い込んだ張本人だけはある。とんでもない妄言だ。発言をそっくりそのまま文氏にお返ししたい。竹島を侵略して『自身の領土だと根拠のない主張』をしているのは、韓国の方である」


<真実を知らないようだからお教えしよう>


・「竹島は歴史的に一貫して日本のもので、韓国の主張に根拠はない。遅くとも17世紀初頭から、日本人は漁業の中継地などに利用してきた。証拠となる過去の文書や地図は多い。明治38年に竹島を島根県の行政区画に編入した当時、どの国からも抗議はなかった。国際社会も日本領と認めていた」


・「先の大戦後、日本が連合国に占領されていた時期に、韓国が竹島の領有権を主張したが、米政府は昭和26年8月、〔ラスク国務次官補〕の書簡で『竹島は日本領』との認識を韓国に伝えている。同年9月調印の〈サンフランシスコ平和条約〉も竹島放棄など認めていない」


・「ところが韓国の〔李承晩政権〕は27年1月、沿岸水域の主権を唱えようと日本海に『李承晩ライン』を一方的に設定し、竹島をその中に含め日本の漁船を拿捕(だほ)するようになった。同条約発効(27年4月)により〈日本が主権を回復する直前の仕業〉である」


・「島根県や海上保安庁が28年6月に上陸して領土標識を建て、たむろしていた韓国漁民を退去させた。だが、翌月には竹島に上陸してきた韓国側の官憲が海保の巡視船を銃撃する事件が起きた。29年8月には、巡視船が約200発もの銃弾を浴びた」


・「北方領土の占拠はスターリンによる国家犯罪だが、竹島占拠は李承晩によるそれである。韓国は、軍が訓練した武装警察部隊を置き、軍事演習も重ねている。25、26日の韓国軍の竹島演習について、米国務省が『生産的ではない』と不快感を露(あら)わにしたのはもっともだ」


・「文大統領は“被害者意識が強い”ばかりに『自国が加害者である点』が分からないようだ。史実に学び、竹島を日本に返還すべきである」・・・

« (習主席の「逃げの政治」) | トップページ | (枝野幸男の正体ーPART2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (習主席の「逃げの政治」) | トップページ | (枝野幸男の正体ーPART2) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト