« (核開発は捨てずに『南』に融和姿勢を見せて『米』をなだる:『北』) | トップページ | (『南』はどのように崩壊するのか?) »

(あの人の『お墨付き』:図に乗るロケット小僧)

2019年08月25日
(あの人の『お墨付き』:図に乗るロケット小僧)


https://www.sankei.com/column/news/190825/clm1908250006-n1.html


・『北』に『お墨付き』を与えられるのは、勿論〔トランプ〕しか居ない。図に乗った〔ロケット小僧〕は遣りたい放題だ。勿論莫大なカネはかかる。アメリカやチャイナやロシアが与えているとは思えない。『ハッカー攻撃による電子マネーの搾取』『兵器の売りつけ』『麻薬』『偽札』・・・悪のデパートである。


・それでもトランプが甘い顔を続けるのは、貿易関税戦争の先に起こるだろう『米中戦争(局地戦)』に、『北』を手駒として使うためと私は読む。ただ『北』はシタタカである。状況次第では、どっちに転ぶか信用は出来ないが、アメリカの空爆を恐れる『北』は、悪くても『中立』だろう。


・産経ニュース・[ニュースの陰影] から、記事を以下。


・「【[ニュースの陰影]あの人の『お墨付き』】産経ニュース 2019.8.25 13:30」


・「あらゆる弾道ミサイルの実験を禁じた、『国連安全保障理事会決議』に対する明らかな違反だ。なのに国際社会の反応は鈍い。これではまるで、裸の王様の行進を見る大人たちのようだ」


・「北朝鮮は7月25日から8月16日までの間、短距離弾道ミサイルなどの発射を6回も行った。〔安倍晋三首相〕は最初の発射後に山梨県の静養先で記者団に、『わが国の安全保障に影響を与えるようなものではない』と述べてゴルフを続けた」


・「〔韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領〕はミサイル発射が続く中で南北対話を呼びかけて統一の夢を語り、北朝鮮が望む『日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))の破棄』にまで踏み切った」


・「〔ボルトン米大統領補佐官〕(国家安全保障問題担当)や〔岩屋毅防衛相〕は北朝鮮の安保理決議違反を非難してきたが、砂にしみこむ水のように国際社会に響かない。国のトップが当たり障りのない態度をとり続けてきたからだ」


・「世界で一番力を持ち、北朝鮮との対話継続を優先する人物がシロと言うなら、クロだと騒いでも利益はない。見通しも不明なまま、そんな空気が支配している。皆がわれに返り王様が恥じ入る展開は寓話(ぐうわ)でしかないようだ」


・「図に乗る北朝鮮は、GSOMIA破棄通告の翌朝にミサイルを発射した。近隣国を狙う兵器の精度を着実に上げている。即座の会談要求にも応じる若い指導者は、自称ディールの達人より上手かもしれない。高い自尊心をくすぐって取り込み、いまや手持ちカードにしてしまったようにも見える。(坂本英彰)」・・・


◇「ニュースの陰影」は国内外の事件や問題、注目を集めている話題などを象徴的なコラージュで表現し、毎月1回掲載します。


《図に乗るロケット小僧》


Photo_20190825155301

« (核開発は捨てずに『南』に融和姿勢を見せて『米』をなだる:『北』) | トップページ | (『南』はどのように崩壊するのか?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (核開発は捨てずに『南』に融和姿勢を見せて『米』をなだる:『北』) | トップページ | (『南』はどのように崩壊するのか?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト