« (今の〔インチキ憲法〕改正こそが、平和への道) | トップページ | (世界で一番信用ならん奴が、また勝手を言っている) »

(言っていることは真っ当だが、ホンモノの『徴用工』なのか?)

2019年08月15日
(言っていることは真っ当だが、ホンモノの『徴用工』なのか?)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00080014-chosun-kr


・「政府は被害者に(補償金を)支払うことなく、経済協力資金として使ってしまった。国が強制徴兵被害者の命の価値を横領したものだ」・・・言っていることは真っ当だ。しっかしま、『出稼ぎ』だったのか『徴用工』だったのか、『南』政府で調べられるのか?


・先ず1939年(昭和14年)7月から、日本内地で実施された『国民徴用令』だが、半島人(朝鮮人)には実施を遅らせた事実を知らなければならない。


・小磯内閣の閣議決定で、「国民徴用令の適用を免除されていた朝鮮人にも実施する」と決められたのは1944年8月からである。つまり日本統治下の半島人の、ホンモノの〔徴用工〕とは、僅か〔11ヶ月間〕存在しただけだ。今騒いでいる連中の殆どは、『出稼ぎ』であり、待遇も日本人と同等かそれ以上の『厚待遇』だったのだ。


・YAHOOニュース から、朝鮮日報日本語版 の記事を以下。


・「【強制徴用被害者遺族『日本から受け取った請求権資金、私たちの分をください』と憲法訴願】朝鮮日報日本語版 8/15(木) 9:59配信」


・「日帝強占期に日本軍に連行された強制徴兵の被害者遺族が、1965年の『韓日請求権協定』で韓国政府が日本から受け取った『対日請求権資金』のうち、被害者の分が支給されないのは違憲だとする憲法訴願を申し立てた」


・「日帝の強制徴兵による被害者の遺族83人は14日、『大韓民国政府が受け取った対日請求権資金で遺族に補償する内容の立法を行わないのは違憲だ』とし、憲法裁判所に憲法訴願を申し立てた」


・「原告が主張する対日請求権資金とは、韓国政府が1965年の『韓日請求権協定』で日本から受け取った〔5億米ドル(2億米ドルの借款含む)〕を指す。当時韓国政府が日本に要求した8項目の補償リストに『戦争による非徴用者の被害補償』が含まれていたにもかかわらず、強制徴兵の被害者にいかなる補償もなされなかったというのが原告の主張だ」


・「韓国政府は強制徴兵による死者、行方不明者には2000万ウォン(約174万円)、負傷者には2000万ウォン以下の範囲で慰労金を支給したが、慰労金ではなく、立法を通じ、強制徴兵被害者の被害程度に応じた『補償金』を支払うことを求めた格好だ」


・「遺族らは『強制徴兵された被害者は対日請求権資金に対する直接的な請求権を持っているにもかかわらず、政府は被害者に(補償金を)支払うことなく、経済協力資金として使ってしまった。国が強制徴兵被害者の命の価値を横領したものだ』と主張した」・・・

« (今の〔インチキ憲法〕改正こそが、平和への道) | トップページ | (世界で一番信用ならん奴が、また勝手を言っている) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (今の〔インチキ憲法〕改正こそが、平和への道) | トップページ | (世界で一番信用ならん奴が、また勝手を言っている) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト