« (〔あおり1回免停1年〕、〔2回目で『免許取り消し』〕に) | トップページ | (文在寅が急失速…! 韓国経済『底割れ』?) »

(令和の8月に思う 戦後74年、矜持を失った保守)

2019年08月20日
(令和の8月に思う 戦後74年、矜持を失った保守)


https://special.sankei.com/f/seiron/article/20190820/0001.html


・8/18の共同通信の記事で、痛く「日本人」に失望している私だから、余計この記事が胸に染みる。「♪ 形(なり)はヤクザにやつれていても 月よ見てくれ 心の錦(勘太郎月夜唄)」、「♪ 襤褸(ぼろ)は着てても 心の錦 どんな花より綺麗だぜ(いっぽんどっこの歌)」なんざ、今の日本人の琴線に響かないのか? 8/18は短い記事なので、斜線内に以下。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2019年08月18日
(じゃぁタンカーは誰が守るんだ?:アテにならない民意)


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6333719

・『南』コリアンの反日運動を見ていると、「何て民度が低いんだ?」と思ってしまうが、ナニ、日本はソレ以下かも知れん。ホルムズ海峡は「日本のエネルギーの生命線だ」位は誰でも知っていること。「自分の国の船舶は、自分で守れ!」と〔トランプ〕が言っているのは正論だ。


・しっかしま日本の民意は、ソレでもアメリカが守れ!と言っているのか?馬鹿も休み休みに言え。朝日新聞や毎日新聞が潰れないのは、こんなところにベースが有る。こんなんじゃ、「憲法改正国民投票」も危なくてやれないなぁ?

・YAHOOニュース から、共同通信 の記事を以下。

・「【中東へ自衛隊派遣、57%が反対】共同通信 8/18(日) 16:39配信」

・「共同通信社が17、18両日に実施した全国電話世論調査によると、トランプ米政権の協力要請を踏まえ、自衛隊を中東へ『派遣すべきだ』は28.2%で、『派遣すべきではない』は57.1%だった」・・・

(解説)調査は2択だったのか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・産経スペシャル・[正論] から、記事を以下。


・「【[正論]・令和の8月に思う 戦後74年、矜持を失った保守 京都大学名誉教授・佐伯啓思】産経スペシャル 2019.8.20」


≪若き西部邁氏の体験から≫


・「『週刊サンデー毎日』に評論家の〔高澤秀次氏〕が『評伝西部邁』を連載しており最近完結したが、そのなかで氏はあるエピソードにふれていた。それは、西部氏が東大に入学し、同時に共産党にも入党した時のことである」


・「いわゆる山村工作隊として地方の農村等に若い党員を派遣するという当時の共産党の方針に従って、若き西部氏も和歌山の山中の被差別部落へ赴いた。勤務評定闘争によって授業が行われていない小学校で子供たちに勉強を教えるためである」


・「帰り際に西部氏は、子供たちに〔アイスキャンディー〕をふるまおうとした。しかし子供たちはそれを受け取らなかった。子供たちからすれば、西部氏は東京からやってきたエリートである。自分たちは、社会のどん底にいる。〈しかし乞食(こじき)ではない。ものを恵んでもらういわれはない〉、というのだ」

・「この小さな出来事は西部氏にとっては、実に大きな経験であったようで私自身も何度か聞かされたことがある。おそらく、この子供たちの拒絶にあって自身の内(うち)にずっと抱え持っていたある根本的な感情に決定的な確信を与えることができたのであろう。東京へ戻った西部氏は共産党から離れ党を除名された学生による〈過激な運動組織であるブント〉へと走り、60年安保の指導者の一人になってゆく」


・「ここで私はほぼ一年半前に自死された西部氏の行跡を改めて振り返ってみようというわけではない。『日本の戦後』というものについて論じてみたいのである。また、よきにせよ悪(あ)しきにせよ『戦後日本』を支えた『保守主義』について考えてみたいのである」


・「どれほど社会から排除され貧窮にあえいでいても、その社会の上層にいる者からの同情も施しも即座に拒否した和歌山の山村の子供たちの姿は、『戦後日本』の一般的な図柄とは真逆のものである。高度成長をへて、年々豊かになり後の〔三島由紀夫〕の言葉でいえば、『カネよカネよと浮かれてゆく』戦後日本の『大衆』とはまったく異質のものであった。しかもすべてをカネに換算して恥じぬ戦後日本はもうひとつ、戦後の平和をアメリカによって担保されている現実を恥じることもなかったのである」


≪豊かさと平和の代償として≫


・「和歌山の子供たちが示したのは食えなくても守らなければならないものがある、という〈ぎりぎりの矜持〉(きょうじ)であり、〈真の誇り〉であった。そして戦後日本は、豊かさと平和の代償としてこの矜持を失った。少しでもカネを手にしようと福祉に群がり、利権をもとめて政治家と繋(つな)がろうとし、自己の立場が少しでも不利となれば権利の平等をたてに大声を張り上げる、そして政府に何とかしてくれ、と訴える戦後日本人の姿は醜くゆがむ」


・「西部氏が、この『戦後日本』へのほとんど無謀な対決を試みたのは、アメリカに依存した『平和』と『豊かさ』を無条件に受け入れ『めしが食えれば』どころか、ともかく『もっとカネをよこせ』となってもまだ不満だらけのこの大衆社会と、アメリカ追従をすぐれた現実的選択として賞揚する現実主義の双方に、戦後日本の醜さを見たからであろう。日本人のもっていた矜持、つまり『独立・自立の気風』を守るには『戦後日本』と敵対するほかないのである」


≪「独立・自立の気風」どこへ≫


・「保守主義とは、この『独立・自立の気風』を、また人間のもっとも根源的な尊厳と矜持をできる限り守ろうとする精神である。その意味では、戦後日本における『保守』を語ることは法外なまでの困難と強い意思を必要とするのである」


・「気楽に『保守』など名乗れるものではない。なぜなら、戦後日本は、精神的に圧倒的にアメリカの影響下にあるだけではなく、国家構造そのものがアメリカによって与えられたからである。いうまでもなく、〔憲法〕と〔日米安保体制〕である。したがって、戦後日本の『保守』は、憲法問題とアメリカ問題(防衛と外交の過度なまでのアメリカ依存)を問うほかない」


・「だがまさにここで、『保守』が『現実』の壁にぶつかるのも事実である。いまさら現憲法の有効性を疑問視してもどうにもならず、安全保障も日米関係に依存するほかない。それでも先日の、〔トランプ大統領〕による(戦略的な思い付きとはいえ)『安保条約の破棄発言』に際しても、日本の防衛についても日米同盟についての論議も起きないのでは、『保守』など消滅したというほかない」


・「平和が続き経済が豊かになれば、かつての山村の子供にあった、カネや食べ物よりも大事なものがあるという矜持も薄れるであろう。しかしそれでも人間の精神は現実を批判できる」


・「カネをばらまいて株価を上げ、訪日外国人がいくらカネを落としてくれたと喜び、日米関係の強化で平和を守れればよいという『現実』をそのまま擁護も賛美もするわけにはいかないのが『保守』であろう。令和元年は戦後74年である。この時代は、ほんとうに『保守』が問われる時代となろう。(さえき けいし)」・・・


« (〔あおり1回免停1年〕、〔2回目で『免許取り消し』〕に) | トップページ | (文在寅が急失速…! 韓国経済『底割れ』?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (〔あおり1回免停1年〕、〔2回目で『免許取り消し』〕に) | トップページ | (文在寅が急失速…! 韓国経済『底割れ』?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト