« (「G7は時間の無駄」:トランプの愚図り) | トップページ | (アマゾンは『地球の肺』ではない。森林火災にどう向き合うべきか) »

(「超大型ロケット砲」試射:『北』兵器開発継続)

2019年08月25日
(「超大型ロケット砲」試射:『北』兵器開発継続)


https://www.sankei.com/world/news/190825/wor1908250001-n1.html


・うぅん、この〔飛距離350~400キロ〕ってのが微妙だなぁ。〔平壌⇒北京〕は800キロを超えているし、〔平壌⇒対馬〕も600キロを超える。まして米軍基地が在る〔平壌⇒岩国〕も800キロ近い。


・〔飛距離350~400キロ〕のロケット砲は、やっぱり『南』を脅す為のものか?ただ魅力は〔自走砲〕だということだ。『南』も対抗のため、アメリカから多数購入すれば済む話だ。


・ただ『北』は当然〔飛距離500~1000キロ〕とギアアップしてくるだろう。そうなると日本にも脅威になる。クソ憲法の改正、早く何とかしろ!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【『超大型ロケット砲』試射 金正恩氏、兵器開発継続指示】産経ニュース 2019.8.25 06:51」


・「北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、〔金正恩朝鮮労働党委員長〕が新たに開発した『超大型』の多連装ロケット砲の試射を現地指導したと伝えた。北朝鮮は24日朝、日本海へ飛翔体2発を発射しており、これを指すとみられる。日韓の当局は『短距離弾道ミサイル』だったと推定している」


・「金氏は『敵対勢力の軍事的脅威と圧迫を粉砕するため、戦略・戦術兵器開発を引き続き推し進めなければならない」と強調した。今後も発射実験を繰り返す恐れがある。25日付の党機関紙、労働新聞は1面で金氏の視察を報道」


・「北朝鮮は『米韓合同軍事演習』などに反発し、7月下旬以降、新型短距離弾道ミサイル『KN23』などの発射を繰り返し、今回で7回目。韓国軍や日本の防衛省によると、24日の飛翔体は東部咸鏡南道・宣徳付近から発射され、〔350~400キロ飛行〕した。(共同)」・・・


《24日、北朝鮮が試射した「ロケット砲」(朝鮮中央通信=ロイター)》

Photo_20190825122501

« (「G7は時間の無駄」:トランプの愚図り) | トップページ | (アマゾンは『地球の肺』ではない。森林火災にどう向き合うべきか) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「G7は時間の無駄」:トランプの愚図り) | トップページ | (アマゾンは『地球の肺』ではない。森林火災にどう向き合うべきか) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト