« (アマゾンは『地球の肺』ではない。森林火災にどう向き合うべきか) | トップページ | (核開発は捨てずに『南』に融和姿勢を見せて『米』をなだる:『北』) »

(馬鹿の国:『東海領土守護訓練』だと?)

2019年08月25日
(馬鹿の国:『東海領土守護訓練』だと?)


https://www.sankei.com/world/news/190825/wor1908250010-n1.html


・〔GSOMIA〕の一方的破棄に次いで、敗戦日本から強奪した〔島根県・竹島〕での『南』軍の「これ見よがし」の軍事訓練だ。日本は例に拠って『遺憾砲』の上の『抗議砲』を撃つしかない。


・早くクソ憲法を改正して、① 自衛隊を『日本防衛軍』と改称し、② アタリマエダの『交戦権』を持たせるべきだ。今更〔丸山穂高議員〕が維新から除名された『戦争論』に、誤りは無かったと思える。

・交戦権が持てたら、『東海領土守護訓練』に対抗し、『日本海領土奪回訓練』を日本海に展開して『南』を挑発し、日本海での局地戦に持ち込んで、敵の海軍を殲滅してやれば良い!


・兎に角「上から目線なので『対話』も出来ない」し、「自説を曲げない」隣国には、先ずは本格的な『経済制裁』か『金融制裁』しか無いのではなかろうか?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【韓国が竹島防衛訓練 対抗措置か 日本抗議】産経ニュース 2019.8.25 12:02」


・「韓国海軍は25日、島根県の竹島(韓国名・独島)の防衛を想定して毎年行っている合同訓練を同日始めたと明らかにした。26日まで実施する。日本政府は、外交ルートを通じ韓国に『竹島は日本固有の領土だ。訓練は到底受け入れられない。極めて遺憾で、中止を強く求める』と抗議した」


・「韓国は昨年6月と12月に訓練を実施し、今年も当初6月に行う予定だったが、日韓関係への影響を考慮し見送ってきた。日韓間の『軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)』の破棄と合わせ、日本による一連の輸出規制強化への対抗措置の一環とみられる」


・「訓練には海軍や海洋警察の艦艇のほか空海軍の航空機、海兵隊などを投入。『聯合ニュース』によると軍関係者は『規模は例年より大きくなった』と説明した。海軍はこれまで『独島防衛訓練』としてきた名称を今回から『東海領土守護訓練』と切り替えた。(共同)」・・・


《島根県・竹島(聯合=共同)》

Photo_20190825141601

« (アマゾンは『地球の肺』ではない。森林火災にどう向き合うべきか) | トップページ | (核開発は捨てずに『南』に融和姿勢を見せて『米』をなだる:『北』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (アマゾンは『地球の肺』ではない。森林火災にどう向き合うべきか) | トップページ | (核開発は捨てずに『南』に融和姿勢を見せて『米』をなだる:『北』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト