« (「がん革命到来」か? 1回500円で治る?) | トップページ | (国の安全より政権の維持を優先した〔文在寅〕の末路は?) »

(ふぅ、第1ハードル(胃がん)はクリア)

2019年08月27日
(ふぅ、第1ハードル(胃がん)はクリア)


・私から電話しようと決めていたが、私の主治医である【愛知県がんセンターIVR放射線診断部:山浦秀和ドクター】が私の携帯に電話くださった。「胃の細胞検査は、特に異常は見つかりませんでしたよ。では予定通り、10/15の採血と胃周辺CT,16の外来を宜しく」


・「先生、10/16は血液内科外来も増えたので、3科巡礼です」「ご苦労様です」「急性白血病の疑いですか?」「あ、いえいえ、専門ではありませんが白血病とは数値が違います」「では何で?」「数値の変動を気にしての伊藤友一先生の配慮でしょう」「は?」


・そんな遣り取りが在ったが、先ずは「3回目の胃がん」では無かったようだ。「内視鏡剥離手術」は麻酔が効いてのこと。2回目の前回(2015年04月)は点滴麻酔が全く効かず、地獄の様な4時間だった。思い出してもオェッ!となる。


・〔鉄分不足〕は、2週間に1度の近所の〔山本クリニック〕で錠剤を貰うことにしたので解消されたが、〔貧血〕は相変わらずだ。未だ稼げていた頃は「それなり」のモノも食っていたが、〔貧乏性貧血〕なのだろう。歯も悪いし、『医療費タダ』の◯◯保護の人が羨ましいわ。

« (「がん革命到来」か? 1回500円で治る?) | トップページ | (国の安全より政権の維持を優先した〔文在寅〕の末路は?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「がん革命到来」か? 1回500円で治る?) | トップページ | (国の安全より政権の維持を優先した〔文在寅〕の末路は?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト