« (エースの登板回避 選手泣かせぬ日程改革を) | トップページ | (北のミサイル発射 制裁強化で応じるときだ) »

(WTO(世界貿易機関)では『チャイナ』も『南』も発展途上国)

2019年07月27日
(WTO(世界貿易機関)では『チャイナ』も『南』も発展途上国)


https://www.sankei.com/economy/news/190727/ecn1907270007-n1.html


・国連が、未だに〔第2次大戦戦勝国〕=アメリカ・英国・仏国・チャイナ(中華民国の入れ替わり)・ロシア(ソ連の入れ替わり)が常任理事国として世界中を睥睨し、「拒否権」すら持っていること自体が歪んでいる。


・一方でその『チャイナ』、WTO(世界貿易機関)では未だに「発展途上国」なのである。鉄面皮にもがある。日本からのODAも、〔安倍ちゃん〕が打ち切りを言い出すまで。平然と「開発途上国」のツラをしていた。『南』も小中華だから、右に倣えをしているのか?


・WTO改革は、〔トランプ氏〕と〔安倍ちゃん〕の共通目標だった。日本もアメリカを助けて旗を振れば良い。確かに加盟するときは「発展途上国」だったのかも知れない。全会一致の承認も正しかろう。しかし5年ごとには見直すべきだ。その折は多数決判断で良い。小学校の『児童会』でも分る理屈だ。是非『WTO改革』を!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【中国・韓国など〔途上国優遇停止〕も WTO改革加速を 米大統領が命令】産経ニュース 2019.7.27 09:52」


・「【ワシントン=塩原永久】〔トランプ米大統領〕は26日、中国などが『世界貿易機関(WTO)』に『発展途上国』と申告し、優遇措置を受けているのは不当だとして、WTOの制度改革を加速させるよう米通商代表部(USTR)に命令した」


・「90日以内に制度見直しの進展がなければ、米国が一方的に対象国の優遇を取りやめるといい、改革に消極的な加盟国に圧力をかけた。トランプ氏は同日、ツイッターで『もっとも裕福な国が途上国だと主張し、ルールを逃れて優遇されている。そんなことは終わりだ!』と述べた」


・「トランプ氏は〈大統領令でUSTRに指示〉した。大統領令は〔中国〕のほか〔韓国〕や〔メキシコ〕、〔シンガポール〕などを名指しし、途上国との位置づけが不公正だと指摘。USTRが制度を改めさせるため『利用可能なすべての手段』を活用するよう指示している」


・「90日後となる10月下旬までに改革が進まない場合、USTRが不適切とみなす国の途上国扱いを取りやめる。優遇打ち切りなどを検討する可能性がある」


・「WTOの制度上、〈途上国と自己申告した国は、先進国から関税免除などの優遇を受けられるほか、貿易自由化の義務も免除〉される。全会一致を原則とするWTOで、米政府は見直しを提案しているが、〈中国が反対して議論が進んでおらず〉、トランプ政権は期限を区切って改革を促した格好だ。30日から再開する閣僚級貿易協議を前に中国に圧力をかける狙いもありそうだ」・・・

« (エースの登板回避 選手泣かせぬ日程改革を) | トップページ | (北のミサイル発射 制裁強化で応じるときだ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (エースの登板回避 選手泣かせぬ日程改革を) | トップページ | (北のミサイル発射 制裁強化で応じるときだ) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト