« (9月半ばに『断韓』改造内閣) | トップページ | (日本に欠けている「戦争」への危機感:有志連合) »

(暴力と殺戮に明け暮れる国=チャイナ)

2019年07月23日
(暴力と殺戮に明け暮れる国=チャイナ)


https://www.sankei.com/world/news/190723/wor1907230034-n1.html


・旧王朝の王宮は粉々に、王族もミンチにして埋め、その上にまた「束の間の王朝」を打ち立てる・・・こんなことが4000年も繰り返されて来た支那大陸だ。報道されないだけで、今も広大な大陸のアチコチで、村人を権力者に雇われたゴロツキが襲撃して殺戮している。


・万世一系の天皇を戴く我が日本とは、根本的に「考え方」が違う民族なのだ。そんな国の永久国家主席(皇帝)である〔習近平〕を、何故〔安倍ちゃん〕は来春『国賓』で招くのか?恐らくは産業界からの懇請であろうが、甚だ不愉快だ!


・香港の「デモ破り」にも、同じ臭いを嗅ぐ。香港市民が「香港人」と「支那人」に分裂し始めたのとは違うのだ。権力者に「金で買われたゴロツキ共」のデモ破りなのだ。キッタネェ民族だ。〔周庭〕ちゃん、無事だったかえ?早くアメリカにでも亡命した方がエエぞ!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【香港社会、亀裂深まる 白シャツ親中派が黒シャツデモ参加者襲撃か】産経ニュース 2019.7.23 19:47」


・「【北京=藤本欣也】中国本土への容疑者引き渡しを可能にする『逃亡犯条例』改正問題を機に、香港社会の亀裂が深まっている。親中派とみられる男らが、香港政府トップの〔林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官〕の辞任を求める若者らを襲撃する事件も発生」


・「香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は『事態が悪化すれば中国当局が香港に非常事態を宣言する可能性もある』との識者の見方を伝えた」


・「香港メディアによると、襲撃は21日夜、香港・新界地区元朗の駅で起きた。香港島で反政府デモ(主催者発表で43万人参加)が行われたその日、棒などを持った白シャツ姿の男ら100人以上が、駅構内や電車内にいたデモ参加者を襲撃、45人が負傷した。デモ参加者は黒シャツを着ていた」


・「事件の背景は不明だが、〔親中派の立法会(議会)議員〕が現場付近で白シャツ姿の男と握手する映像がネット上に流れた。また警官が駆けつけたのは30分以上たってからで、白シャツを着た男らが逃げた後だった」


・「警察は23日までに7人を逮捕したが犯罪組織の関係者も含まれているという。20日には政府支持の集会が開かれ、約31万人(主催者発表)が参加していた」・・・

« (9月半ばに『断韓』改造内閣) | トップページ | (日本に欠けている「戦争」への危機感:有志連合) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (9月半ばに『断韓』改造内閣) | トップページ | (日本に欠けている「戦争」への危機感:有志連合) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト