« (「昼は反日、夜はアサヒビールで乾杯」:『南』不買運動) | トップページ | (オバマ失政の残滓:チャイナ南シナ海『対艦弾道ミサイル』) »

(どこまで続く 泥濘(ぬかるみ)ぞ:日本経済)

2019年07月19日
(どこまで続く 泥濘(ぬかるみ)ぞ:日本経済)


https://news.livedoor.com/topics/detail/16797502/


・私の父の膝で揺られながら、何百回・何千回聞いただろう? 昭和7年生の【討匪行(とうひこう)】の唄い出しである。「♪どこまで続く泥濘(ぬかるみ)ぞ 三日二夜を食もなく 雨降りしぶく鉄かぶと 雨降りしぶく鉄かぶと」・・・20年以上続く『日本経済』に重なる。


・「ゼロ金利」で銀行がやって行ける筈が無い。「良い大学を出て」「一流銀行に勤める」のは、日本人の規範のひとつだった。それがついに崩れた。3メガバンクは「大同合併」で持ち堪えているが、私の住処近所の地方銀行は、この10月で「阪急駅近郊」の支店に吸収される。「銀行の無い町」は、スラム化の第1歩だと私は感じている。


・日本経済は、「悪かった例の代表」として世界でも語られるようになった。国体を守るのは、〔安全保障〕と〔経済〕の両輪である。〔経済という一輪車の曲芸乗り〕で伸し上がった日本は、それこそ「♪どこまで続く泥濘(ぬかるみ)ぞ」にもがき苦しんで早20年、未だに「デフレ脱却」の出口は見えない。


・ライブドアトピックス から、産経新聞 の記事を以下。


・「【FRB高官『予防利下げ』に意欲 物価低迷、『日本化』に危機感】産経新聞 2019年7月19日 14時38分」


・「【ワシントン=塩原永久】『ニューヨーク連邦準備銀行』の〔ウィリアムズ総裁〕は18日の講演で、『災いが起きる前に予防的な手段を取る方がよい』と述べ、『連邦準備制度理事会(FRB)』による早期利下げが望ましいとの認識を示した」


・「同氏は日本を引き合いに出し、物価低迷の長期化を回避するため『迅速に行動』する必要性を指摘した」


・「FRBは30、31両日に『連邦公開市場委員会(FOMC』)を開く。政策金利を現在の2・25~2・5%から引き下げる公算が大きい。同氏の講演後、市場では、2回分の利下げに相当する0・5%の引き下げ幅を想定する見方が強まった」


・「講演テキストによると、ウィリアムズ氏は、日本が『長期デフレとゼロ近傍の金利』のもと、利下げ余地が乏しくなる『ゼロ金利制約』に見舞われたが、米国も同様の懸念が拭えないとの見方を示した」


・「米物価上昇率は目標の2%を下回る。同氏は『しつこい低インフレ』が2008年金融危機後の先進国に共通の現象と分析。『知らぬ間に進行する低インフレの病気から、経済を守るため予防注射』として、早期利下げを軸に果断な金融政策を実施すべきだとの持論を展開した」・・・

« (「昼は反日、夜はアサヒビールで乾杯」:『南』不買運動) | トップページ | (オバマ失政の残滓:チャイナ南シナ海『対艦弾道ミサイル』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「昼は反日、夜はアサヒビールで乾杯」:『南』不買運動) | トップページ | (オバマ失政の残滓:チャイナ南シナ海『対艦弾道ミサイル』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト