« (また『南』流のガセだったか!) | トップページ | ("なぜ枝野さんは政権を獲れないか":〔橋下 轍〕) »

(秋刀魚(さんま))

2019年07月31日
(秋刀魚(さんま))


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20190731/0001.html


・「米」と「芋」と「豆」食ってりゃ満足だった〔支那人〕が、豊かになって地球環境が激変した。『大地の恵み』だけでは済まなくなり、『海の恵み』まで乱獲するようになった。それは乱獲の域を超えて、「爆獲」と記事は書いている。


・以前何かで、「『遺伝子組み換え食品』が人体にどう影響するか知れないが、『チャイナ』対応には不可欠である」と。鰻も高くなって食えないし、今度は「サンマもかよ!」とウンザリする。


・私が28歳だったからもう半世紀近く前だが、三重県津市の美形のママの小料理屋に『サンマ』が有り、「ウ、ウソだろ?」と驚いた記憶がある。もう50年前から、裏庭の七輪で煙モウモウで焼く「庶民の魚」ではなくなっていたのだ。


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] サンマは庶民の食卓の味でいてほしい】産経スペシャル 2019.7.31」


・「近大は人工飼料だけで育てた『完全養殖の近大マグロ』を8月から出荷する。養殖といえば天然の幼魚を捕獲し出荷サイズに育てるのが主流。対して天然幼魚から育てた成魚に産卵させ、次の世代を育てて産卵させるサイクルを繰り返すのが完全養殖で、2周目からは天然資源を損なわない。ただ餌は天然サバなどを使っていた」


・「▼人工飼料はサバと比べマグロの食いつきが悪かったが、アミノ酸を加えマグロの好む味にする工夫で乗り越えた。いま飼料の主成分は魚粉だが、植物性タンパク質への置き換えを目指すため『餌でも天然資源を損なわない完全な完全養殖への第一歩』(〔升間主計=ますま・しゅけい=教授〕)。養殖研究はここまで進んでいる」 


・「▼乱獲が指摘される北太平洋でのサンマ漁に来年初めて漁獲枠が導入される。升間氏によると大衆魚のサンマの養殖研究は採算性から予定されていないが、中国船などの『爆漁』が続けば…。庶民の手に届かない養殖サンマなら登場しなくていい」・・・


(解説)〔佐藤春夫〕【秋刀魚の歌】の括り・・・「さんま、さんま、さんま苦いか塩っぱいか。そが上に熱き涙をしたたらせて、さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。あはれ。げにそは問はまほしくをかし」・・・

« (また『南』流のガセだったか!) | トップページ | ("なぜ枝野さんは政権を獲れないか":〔橋下 轍〕) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (また『南』流のガセだったか!) | トップページ | ("なぜ枝野さんは政権を獲れないか":〔橋下 轍〕) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト