« (WTO失敗で、今度は日本を脅迫:『南』) | トップページ | (対馬と石垣島の要塞化と『列車砲』の威力) »

(「宝の持ち腐れ」とはこのこと:佐々木登板せず大船渡大敗)

2019年07月25日
(「宝の持ち腐れ」とはこのこと:佐々木登板せず大船渡大敗)


https://www.sankei.com/sports/news/190725/spo1907250023-n1.html


・日本ならドーム球場だらけだが、MLBはカンカン日照りでも天然芝で大リーガー達が汗だくで奮闘している。敵の〔花巻東〕からカネでも貰ったのか?と疑われる監督の采配だった。〔花巻東〕(大谷翔平の母校)は強豪だ。確かに〔佐々木朗希投手〕を出しても勝てなかったかも知れない。


・しっかしま、「これまでは曇天だった」「今日は暑いので故障が有ったらいけないと思って」では、話は通るまいて。公立高校の能天気監督の采配だ。高校野球フアンへの背徳采配でもある。『熱闘甲子園』での佐々木投手、見たかったなぁ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【佐々木登板せず、最後の夏終わる 大船渡、岩手決勝で敗退】産経ニュース 2019.7.25 16:52」


・「第101回全国高校野球選手権大会岩手大会の決勝が25日、盛岡市の岩手県営野球場で行われ、最速163キロの球速で注目の〔佐々木朗希投手〕を擁する『大船渡』は、米大リーグ、エンゼルスの〔大谷翔平選手〕の母校、『花巻東』に2-12で敗れて、35年ぶりの甲子園大会出場はならなかった。3年生の佐々木投手は出場することなく、高校生最後の夏が終わった」


・「佐々木投手は4月、今夏に韓国で開催される18歳以下による『U18ワールドカップ(W杯)』の高校日本代表1次候補合宿で、プロ野球中日のスピードガンで163キロを計測。今大会でも盛岡四との4回戦で160キロをマークした。日本ハムが、今秋のドラフト会議での1位指名を明言している」・・・

« (WTO失敗で、今度は日本を脅迫:『南』) | トップページ | (対馬と石垣島の要塞化と『列車砲』の威力) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (WTO失敗で、今度は日本を脅迫:『南』) | トップページ | (対馬と石垣島の要塞化と『列車砲』の威力) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト