« (国連は『お白州の場』ではない!) | トップページ | (生物・化学兵器関連68件 VX・サリン原料など 韓国不正輸出) »

(『韓国の輸出管理脆弱』日韓事務会合 次回の予定『ない』)

2019年07月13日
(『韓国の輸出管理脆弱』日韓事務会合 次回の予定『ない』)


https://www.sankei.com/economy/news/190712/ecn1907120034-n1.html


・『南』では「日本に冷遇された!」と大騒ぎだが、【輸出管理に関する事務的説明会】に冷遇も厚遇も無い。経産省側は「『韓国側の理解が進んでおらず丁寧に説明した』ため、会合の時間が長引いた」
と涼しい顔だ。当初の1時間予定が〔5時間半〕とは異常だ。


・やっぱり「火病」のコリアンは「頭カッと来て」相当食って掛かったのだろう。一発目からこの効き目とは面白い。二発目はオンナジ路線ではなく、是非「『南』のあらゆる都市から、邦銀の一斉撤収」という「カネの不安」を煽って欲しいものだ。外銀も慌てて撤収を始めたら最高だ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【『韓国の輸出管理脆弱』日韓事務会合 次回の予定『ない』】産経ニュース 2019.7.12 23:23」


・「日本が半導体材料の韓国向け輸出管理を強化したことを受け、日韓両政府による事務レベル会合が12日、経済産業省内で開かれた。会合は日本が4日に輸出管理を見直してから初めて」


・「日本は今回の措置が韓国側に『輸出管理上の不適切な事案があった』ため、『安全保障を目的に日本国内の運用を見直した』と説明。これに対し韓国側は自国の輸出管理は適正であると訴えたもようだが、日本側は『韓国の輸出管理には脆弱(ぜいじゃく)性がある』と指摘し、主張はかみ合わなかった」


・「日本は『不適切な事案』については『第三国への横流しを意味するものではない』と説明した。韓国産業通商資源省は会合後、『北朝鮮をはじめとした第三国への戦略物資の輸出を意味するものではない』と説明されたと明らかにした「


・「日本は経産省の〔岩松潤貿易管理課長〕ら、韓国は産業通商資源省の〔チョン・チャンス貿易安保課長〕らが出席。日本は冒頭で国内の運用を見直す措置のため『協議対象ではない』とし、会合は事実関係の説明の場であることを確認。会合が行われた会議室にも【輸出管理に関する事務的説明会】との紙が貼られた。会合は午後2時ごろ始まり、当初想定された1時間を大幅に超えて〔5時間半〕にも及んだ」


・「日本は軍用品に転用可能な『フッ化水素』など3品目について、韓国に与えてきた輸出管理の優遇措置を見直し個別の出荷ごとに申請する通常の輸出体制に戻したことや、8月にも輸出管理上の優遇国『ホワイト国』から韓国を外す方針を直接説明。出席した経産省関係者によると、『韓国側の理解が進んでおらず丁寧に説明した』ため、会合の時間が長引いたという」


・「また、今回の措置が『禁輸ではなく、世界貿易機関(WTO)協定に違反しないことや対抗措置でもない』ことも説明。政府関係者によると、会合を通じて韓国側から措置の撤回要請や抗議などはなかったという。また、説明を尽くしたとして、現時点で韓国側と次回の会合を持つ予定はないとしている」・・・

« (国連は『お白州の場』ではない!) | トップページ | (生物・化学兵器関連68件 VX・サリン原料など 韓国不正輸出) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (国連は『お白州の場』ではない!) | トップページ | (生物・化学兵器関連68件 VX・サリン原料など 韓国不正輸出) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト