« (改憲勢力3分の2割れ、「その方がいい」) | トップページ | (『南』が息も出来ないように、日本は『制裁を繰り出す』べきだ) »

(自分の船は自分で守ろう 何のための自衛隊か)

2019年07月23日
(自分の船は自分で守ろう 何のための自衛隊か)


https://www.sankei.com/column/news/190723/clm1907230004-n1.html


・党利党略のために、「有志連合への参加は、〔対米追従〕だから怪しからん!」と言っている政治家をテレビに出し、その馬鹿さ加減を『ヨシモトの芸人』でいいから、1時間ほど叩きまわしてやれ!


・「シェールオイルの量産」で、中東のオイルがホルムズ海峡を渡って来るニーズが、格段に減っているアメリカである。それでも「親分の面子」として、〈有志連合〉に「この指とまれ!」を買って出ているのは、流石〔世界の覇王〕である。


・日本は『エネルギー源』の8割がホルムズ海峡を通る、正に生命線なのである。ホントは日本が主体になって〈有志連合〉を取り仕切る立場である。〔岩屋毅・パチンコ防衛相〕が「護衛のニーズがない」と言っているのなら、それは『平和ボケ』というより『職務怠慢』で、更迭すべきである。


・産経ニュース・[一筆多論] から、記事を以下。


・「【[一筆多論]自分の船は自分で守ろう 何のための自衛隊か 榊原智(論説副委員長)】産経ニュース 2019.7.23 09:00」


・「物騒な海域である。タンカーなど民間船舶を守る必要性は高い。米政府が、中東・ホルムズ海峡などを航行する民間船舶を護衛する〈有志連合結成〉について、同盟国や友好国対象の説明会を開き、日本も出席した。自分の船は自分で守る努力をする。そのためにも仲間の国と力を合わせる。当たり前の話で、日本の『有志連合参加』が望ましい」


・「〈1980~88年にイラン・イラク戦争〉があった。両国は84年から、ペルシャ湾やホルムズ海峡で各国タンカーを攻撃する暴挙に出た。『タンカー戦争』である。407隻のタンカーがミサイルなどで被弾し、12隻が触雷した。〔船員333人が死亡〕、〔317人が負傷〕した。うち日本人が乗った船は12隻が攻撃され、〔死亡した日本人は2人〕だった」


・「85年2月、クウェート船籍のタンカーがロケット弾を浴びた。88年3月、液化天然ガス(LNG)を積んだ『マリア2』がロケット弾などを浴びた。それぞれ日本人船員1人が亡くなったのである」


・「日本船や日本人が乗り組んだタンカーが拿捕(だほ)されたり、攻撃されて炎上し船員全員が退船したりした例はいくつもある。経済や国民生活を支えるため、民間の船員が乗り組んだタンカーが航行してくれていた。〈米軍などは護衛体制を敷いて被害の拡大を抑えよう〉と努めた」


・「2004年4月にはペルシャ湾で日本郵船のタンカーなどがテロリストの自爆ボート攻撃にさらされた。米軍の反撃でタンカーへの激突、爆発は避けられたが、〔米兵2人、米沿岸警備隊員1人が戦死〕した。当時日本は自衛隊をイラクへ派遣していた。〈米軍にはイラクで協力する同盟国の船を守ったという意識〉があったはずである」


・「今年6月には、日本とノルウェーのタンカーが何者かに攻撃された。〔トランプ米大統領〕は、日本と中国を名指しして『なぜわれわれは他国のために海上輸送路を無償で守っているのか』『自国の船は自国で守るべきだ』とツイートした。もっともな指摘だ。『日米安全保障条約』は、中東海域を航行する日本船の護衛について定めていない」


・「〈有志連合への参加〉は『対米追従だからけしからん』という反対論がある。米国が音頭をとってからタンカー護衛の議論がやっと始まろうとしている日本は、情けない。それでも、〈対米追従だから反対という意見〉は視野が狭すぎる。日本は原油調達の8割を中東に依存している。タンカー護衛は本来、他国に促されて行う話ではない。日本自身の問題だ」


・「米国に同調するかしないかという観点で有志連合参加の是非を考える人々は、タンカーの安全を他人任せにするか、または放置するつもりなのか。『重い平和ぼけ』である。護衛の『ニーズがない』(岩屋毅防衛相)と政府与党が言い続けるなら、これも『平和ぼけ』のそしりを免れない。無為無策で被害が出たら責任をとれるのか。何のため〔年5兆円の予算で自衛隊を持っている〕のか」


・「〈有志連合参加〉で自衛隊が外国に攻め込むわけではない。あくまで護衛と攻撃抑止のためである。海自護衛艦や哨戒機を派遣すべきだが、国際標準の武器使用権限、装備が不可欠だ。法令解釈などに最大限の知恵を絞らなければならない」・・・

« (改憲勢力3分の2割れ、「その方がいい」) | トップページ | (『南』が息も出来ないように、日本は『制裁を繰り出す』べきだ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (改憲勢力3分の2割れ、「その方がいい」) | トップページ | (『南』が息も出来ないように、日本は『制裁を繰り出す』べきだ) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト