« (「ニッポンの製造業」は世界最強である!) | トップページ | (クソの大統領を選びゃがって!:何が『ホワイト国』なもんか) »

(沖縄本島・諸島、『アメリカへの再返還の時』ではないのか?)

2019年07月24日
(沖縄本島・諸島、『アメリカへの再返還の時』ではないのか?)


https://news.google.com/articles/CAIiECVjT_vlZqHPaGpzqK7WHV0qGQgEKhAIACoHCAowltHeCjCnpdYBMISboQM?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・チャイナは「沖縄も核心的我が領土」と言っている。尖閣は〔海底資源〕だけでなく〔沖縄攻めの橋頭堡〕なのだ。ただ沖縄には米軍基地が有り、〔沖縄攻め〕はアメリカとの戦争になるので避けたい。


・ならば〔金を使って〕〔工作員を入れ込んで〕、見事に沖縄を『反日の島』にしたチャイナの『孫子の兵法』は大したものだが、一撃で覆す方法がある。表題の通り「沖縄本島・諸島、『アメリカへの再返還』である。


・日本国憲法が改正され、自衛隊も50万人に増強され、普通の国の軍隊と同じことが出来るようになるまで、『10年間の期限付き』『沖縄への交付金の2倍、アメリカに払っても良い』。アメリカに再返還を受けて貰うしか、日本は「領土も守れない」馬鹿な国なのだ。アメリカの抑止力・・・その偉大さをつくづく感じる。クソッ!


・GOOGLEニュース から、時事コム の記事を以下。


・「【チャイナ海兵隊増強、尖閣に高まる脅威=上陸作戦能力向上-中国国防白書】時事コム 2019年07月24日18時16分」


・「【北京時事】24日に公表された中国の国防白書は、上陸作戦を担当する『海軍陸戦隊(海兵隊)』が3大艦隊と同等に格上げされたことを初めて明記した。中国軍は沖縄県・尖閣諸島への上陸作戦を視野に入れ、陸戦隊を増強しているとみられている」


・「白書は台湾に対する『武力行使』に言及し、尖閣や南シナ海を『中国固有の領土」と改めて強調。陸戦隊の増強は、日本を含む周辺国への脅威となりそうだ」


・「陸戦隊は南シナ海を管轄する『南海艦隊』の下に置かれていたが、今回の白書は『陸戦隊』を『東海』、『南海』、『北海』の3大艦隊と並べて記した。また、白書は、〔習近平国家主席(中央軍事委員会主席)〕が進めた軍改革の成果として『上陸作戦能力の向上』を挙げ、陸戦隊強化の意義を強調した」・・・

« (「ニッポンの製造業」は世界最強である!) | トップページ | (クソの大統領を選びゃがって!:何が『ホワイト国』なもんか) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「ニッポンの製造業」は世界最強である!) | トップページ | (クソの大統領を選びゃがって!:何が『ホワイト国』なもんか) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト