« (日本の『眼下の敵』は『北』『チャイナ』に『南』も加わった!) | トップページ | (半導体メーカーの材料切り替えの動きは、「国民向けのケンチャナヨ!」だろ?) »

(反日ヒーローが『日本のパクリ』の愚)

2019年07月30日
(反日ヒーローが『日本のパクリ』の愚)


https://www.sankei.com/column/news/190730/clm1907300004-n1.html


・日本の『恥の文化』に対して、ネット上に言葉がある。


〈アメリカの文化人類学者である〔ルース・ベネディクト〕が著書である【菊と刀】には、日本人の国民性を研究したものが記されている。 その中で彼女は、欧米では内面の良心を重視する(=罪の文化)のに対し、日本は世間体や外聞といった他人の視線を気にする(=恥の文化)と考察した)


・どちらが正しいという結論は無い。ただコリアンのように〔罪の文化〕も〔恥の文化〕も持ち合わせない民族は、『野蛮人』と言っていいだろう。


・産経ニュース・[ソウルからヨボセヨ] から、記事を以下。


・「【[ソウルからヨボセヨ]『反日』ヒーローの正体】産経ニュース 2019.7.30 07:42」


・「日本政府による輸出管理の厳格化に反発し、韓国の衣料メーカーが韓国アニメ『ロボット・テコンV』とのコラボレーションで、〔テコンV〕をプリントしたTシャツを売り出すというニュースを見て目を疑った」


・「テコンVは1970年代に初放映された韓国の国民的アニメで、国産衣料ブランドが“国産ヒーロー”と手を組んで『ユニクロ』など日本ブランドに打ち勝とうという狙いだ。日本製品の不買運動が広がる中、消費者の愛国心をくすぐる販売戦術といえる」


・「ただ、テコンVは日本のロボットアニメ『マジンガーZ』にそっくりで模倣が疑われてきた。テコンVの監督自身が日本アニメの影響を認めており、韓国の地裁は昨年、テコンVの著作権を認定しつつも、〔マジンガーZ〕をアレンジした可能性を認める判決を出した」


・「2013年には、韓国が占拠する島根県の竹島にテコンVの像を設置する計画があったが、『日本の模倣物じゃないか』との非難で頓挫した経緯がある」


・「テコンVのように韓国人が国産と誇る文化や製品にも日本が溶け込んでいる。スマートフォンに使われる半導体材料が最たるものだ。ユニクロや日本製ビールなど目立つ商品を標的にした不買運動で留飲を下げるより、『韓国の中の日本』を知る機会と思えるが。(桜井紀雄)」・・・

« (日本の『眼下の敵』は『北』『チャイナ』に『南』も加わった!) | トップページ | (半導体メーカーの材料切り替えの動きは、「国民向けのケンチャナヨ!」だろ?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本の『眼下の敵』は『北』『チャイナ』に『南』も加わった!) | トップページ | (半導体メーカーの材料切り替えの動きは、「国民向けのケンチャナヨ!」だろ?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト