« (やっぱり「アメリカの虎の尾」を踏んだか:「軍事情報協定『再検討』) | トップページ | (もはや芸術的ともいえる「墓穴の掘り方」:文政権) »

(「日本は米国の仲介を望まない」とキッパリ行け!)

2019年07月20日
(「日本は米国の仲介を望まない」とキッパリ行け!)


https://www.sankei.com/world/news/190720/wor1907200007-n1.html


・『南』に「社会主義革命」を起こそうとしている〔文在寅〕が、〔トランプ〕に泣き付くのはお門違いだ。そもそも全ての原因は『南』に在る。社会主義革命進行中だからこそ、日本との「条約も協定も合意」も、全て弊履のように捨て去って来たのだ。


・これは『南』と日本の問題ではなく、『南』国内の〔社会主義者〕と〔保守主義者〕の闘争なのではないか?日本は『輸出品の管理を強化』しただけで、『禁輸などの制裁』に踏み切っていない。『ホワイト国』から外すのも、2004年に戻すだけのことだ。つくづく「文は愚かな奴」と反吐が出る。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【日韓双方とも求めるなら仲介も 韓国大統領が要請 トランプ氏は及び腰】産経ニュース 2019.7.20 10:08」


・「【ワシントン=塩原永久】〔トランプ米大統領〕は19日、韓国の〔文在寅(ムン・ジェイン)大統領〕から、輸出管理をめぐる日本との対立に関して仲介を頼まれたことを明らかにした。『もし日韓双方が私に求めるのであれば関与するだろう』と述べたが、すでに北朝鮮問題など多くの懸案を抱える中での介入には及び腰な構えをみせ、〈まずは日韓で解決に当たるのが望ましい〉との立場を示した」


・「トランプ氏が日韓の仲介について公的な場で発言したのは初めて。トランプ氏はホワイトハウスで、報道陣の質問に対し『現在、日韓間に摩擦がある。実際に韓国大統領から(仲介に向けて)関与できないか頼まれた』と話した。文氏には『いくつのことに関わらないといけないのか』と返答したという」


・「その上でトランプ氏は、すでに米政府は朝鮮半島問題をはじめ『多くのことに関わっている』と指摘。さらに日韓に介入するのは『フルタイムの仕事のようなものだ』として、乗り気でない様子をのぞかせた」


・「トランプ氏は、〔安倍晋三首相〕と文氏の2人が『私を必要とするのなら、そうする』と述べ、介入には日本側の要請も前提との立場を表明。ただ『彼らが解決してくれるのが望ましい』とくぎを刺した」・・・

« (やっぱり「アメリカの虎の尾」を踏んだか:「軍事情報協定『再検討』) | トップページ | (もはや芸術的ともいえる「墓穴の掘り方」:文政権) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (やっぱり「アメリカの虎の尾」を踏んだか:「軍事情報協定『再検討』) | トップページ | (もはや芸術的ともいえる「墓穴の掘り方」:文政権) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト